vCloud Director Object Storage Extension では、特定の Cloudian コンポーネントの展開と、コンポーネントの特定の構成が必要となります。

必要な Cloudian コンポーネント

展開する必要がある Cloudian コンポーネントの一覧は次のとおりです。

  • 少なくとも 3 台のノードがある Cloudian HyperStore クラスタ。
  • vCloud Director の内部ネットワークからアクセスできる Cloudian HyperStore 管理サービスの HTTPS API エンドポイント。デフォルトでは、ポート 19443 を使用するようにエンドポイントが構成されています。
  • vCloud Director の内部ネットワークからアクセスできる Cloudian HyperStore S3 Service。デフォルトでは、S3 サービスは SSL 通信にポート 443 を使用します。
  • vCloud Director の内部ネットワークからアクセスできる Cloudian HyperStore Identity and Access Management Service (IAM)。デフォルトでは、IAM サービスは SSL 通信にポート 16443 を使用します。
  • 外部ネットワークからアクセスできる Cloudian Management Console

Cloudian コンポーネントの必要な構成

vCloud Director Object Storage Extension では、環境内の Cloudian コンポーネントについて、特定の構成が必要です。

vCloud Director Object Storage Extension が必要とする Cloudian コンポーネントの特定の構成の一覧は次のとおりです。

  • シングル サインオン (SSO) を有効にし、Cloudian Management Console の一意の共有キーを提供します。共有キーと SSO ログイン ユーザーを書き留めます。vCloud Director Object Storage Extension の構成時に必要となります。
  • vCloud Director ユーザー マッピングの要件を満たすには、Cloudian HyperStore ユーザー ID の最大長さを 64 バイトから 255 バイトに増やします。
  • HyperStore IdentityAccess Manager を有効にします。
  • S3 エンドポイントで、TLS (Transport Layer Security) と SSL (Secure Sockets Layer) プロトコルを有効にします。
  • 共有バケット リストを有効にします。
  • デフォルトでは、Cloudian HyperStore は S3 API 通信に使用される、開放された HTTP ポートを使用して構成されています。パフォーマンスがセキュリティよりも重要である場合にのみ、vCloud Director Object Storage ExtensionCloudian HyperStore HTTP ポートを使用してください。テナントで、SSE-C 暗号化タイプを使用する必要がある場合は、開放された HTTPS ポートが必要です。
  • デフォルトのストレージ ポリシーを作成します。詳細については、『Cloudian HyperStore 管理者ガイド』の「新しい HyperStore システムの使用を開始する」トピックを参照してください。

vCloud Director Object Storage Extension との統合のための Cloudian コンポーネントのインストール、構成、および拡張の詳細については、 https://cloudian.com/vmware-docs/ を参照してください。