スケーリングの目的で、環境内のロード バランサの背後に vCloud Director Object Storage Extension の追加のインスタンスを展開することがあります。

前提条件

手順

  1. 展開した vCloud Director Object Storage Extension の最初のインスタンスと、同じロード バランサで構成している追加ノードへの SSH 接続を開きます。
  2. 次のコマンドを実行して、vCloud Director Object Storage Extension の 1 つまたは複数の追加インスタンスで voss_keeper サービスを停止します。
    systemctl stop voss-keeper
  3. 最初に展開したノードから、追加で構成したノードに /opt/vmware/voss/conf/vmware-voss.conf ファイルをコピーして置き換えます。
  4. 最初に展開したノードから、追加で構成したノードに /opt/vmware/voss/conf/voss-keystore.p12 ファイルをコピーして置き換えます。
  5. 次のコマンドを実行して、vCloud Director Object Storage Extension の 1 台または複数の追加ノードで voss_keeper サービスを再起動します。
    systemctl restart voss-keeper