vCloud Director 組織の vCloud Director Object Storage Extension を有効または無効にするには、Object Storage Admin Portal を使用します。

テナント組織のストレージ クォータ、評価プラン、およびその他の Cloudian HyperStore 機能を管理するには、Cloudian Management Console を使用します。

vCloud Director Object Storage Extension ユーザーの管理

vCloud Director 組織の vCloud Director Object Storage Extension を初めて有効にするときに、Cloudian HyperStore でユーザー グループが作成されます。Cloudian HyperStore のグループは、vCloud Director 組織と同等です。最初は、このグループにはユーザーが含まれていません。vCloud Director の組織ユーザーがバケットを作成し、オブジェクトを初めて vCloud Director Object Storage Extension にアップロードすると、Cloudian HyperStore の対応するグループにストレージ ユーザーが作成されます。

vCloud Director から組織ユーザーを無効にして削除すると、ストレージ ユーザーは非アクティブ状態に設定され、オブジェクト ストレージ データは Cloudian HyperStore に保持されます。vCloud Director から組織ユーザーを削除する場合、別の組織ユーザーに転送できるのは vCloud Director リソースのみです。削除された組織ユーザーのオブジェクト ストレージ データをクリーンアップするには、Cloudian Management Console を使用します。