カタログを公開する場合は、カタログを vCloud Director からのサブスクリプションで使用できるようにします。詳細については、外部カタログへのサブスクライブ.を参照してください。

カタログを公開すると、vCloud Director Object Storage Extension は、vCloud Director カタログが外部サブスクリプションのために必要とするすべてのメタデータと記述子を含んでいる JSON ファイルを作成します。

前提条件

カタログを公開するために必要な権限のセットがあることを確認します。 組織管理者の場合は、組織内のユーザーが所有するすべてのカタログを公開できます。 組織ユーザーとしてカタログを公開するには、カタログの所有者である必要があります。

手順

  1. vCloud Director Tenant Portal にログインします。
  2. メイン メニュー () から、[Object Storage] を選択します。
  3. [カタログ] ペインで、公開するカタログを選択し、[公開] をクリックします。
  4. vCloud Director Tenant Portal でサブスクリプションを構成するときに必要となるサブスクリプションの URL とパスワードを書き留めます。
  5. [OK] をクリックします。

次のタスク

カタログ公開タスクが完了したら、カタログに対してサブスクリプションを構成できます。