vApp をキャプチャすることで、vApp が使用するすべてのデータを vCloud Director Object Storage Extension にコピーできます。vApp をキャプチャすることで、vApp に含まれるデータのバックアップ コピーを作成できます。後で vApp を元の場所に戻すことや、アーカイブの目的で vApp をローカルでダウンロードすることができます。

vApp をキャプチャすることによって、ストレージ予約は vCloud Director から vCloud Director Object Storage Extension にコピーされません。

一度に最大 10 個の vApp をキャプチャできます。

前提条件

  • vApp をキャプチャするために必要な権限のセットがあることを確認します。組織ユーザーの場合は、vCloud Director のユーザー アカウントに次の権限が割り当てられていることを確認します。
    • vApp:仮想マシンのメトリックを表示
    • vApp:ダウンロード
    組織管理者の場合は、vApp を管理するために必要なすべての vCloud Director の権限を持っています。
  • キャプチャする vApp がオフになっていることを確認します。

手順

  1. vCloud Director Tenant Portal にログインします。
  2. メイン メニュー () から、[Object Storage] を選択します。
  3. [vApp] ペインで、[キャプチャ] をクリックします。
  4. キャプチャする 1 つまたは複数の vApp を選択し、[次へ] をクリックします。
  5. (オプション) 1 つまたは複数の vApp に別の名前を入力し、説明を入力します。
  6. キャプチャ タスクを開始するには、[キャプチャ] をクリックします。

結果

キャプチャ タスクが完了すると、キャプチャされた vApp が Object Storage Tenant Portal の vApp リストに表示されます。1 つまたは複数の vApp の共有、ダウンロード、削除、またはリストアを行うことができます。