vCloud Director Object Storage Extension に初めてログインすると、vCloud Director Object Storage Extension のインベントリが空になり、[はじめに] 画面で、バケット、vApp、およびカタログを操作するための最初の手順が示されます。

バケットについて

ファイルを vCloud Director Object Storage Extension にアップロードする前に、バケットを作成する必要があります。その後、任意の数のファイルをバケットにアップロードできます。バケットは、ストレージの論理ユニットです。バケットは、vCloud Director Object Storage Extension の基本的なコンテナです。

vCloud Director Object Storage Extension のユーザー インターフェイスからバケットにアクセスして管理することができます。バケットの操作を参照してください。または、vCloud Director Object Storage Extension がサポートする S3 API を使用できます。vCloud Director Object Storage Extension S3 API の操作を参照してください。

バケットを整理して分類しやすくするために、複数のキーと値のペアをタグとして、バケットに追加できます。たとえば、組織内の財務部門からの財務報告書を保存するためのバケットを作成できます。このバケットには、次のキーと値のペアを使用してタグを付けることができます。
キー
部署 財務
レポート 月単位

バケット名はグローバルに一意で、名前空間はすべての vCloud Director 組織間で共有されます。バケットが作成されると、そのバケットの名前は、そのバケットが削除されるまで、vCloud Director 組織の別のバケットに使用することができません。バケット名は、S3 バケットの命名要件に従う必要があります。Amazon S3 バケットの命名要件を参照してください。

オブジェクトについて

vCloud Director Object Storage Extension 内のオブジェクトは、バケットにアップロードするファイルです。

タグのキーと値のペアを追加することで、バケット内のオブジェクトを分類できます。オブジェクトが保存されているバケットの所有者である場合は、キーと値のペアの形式でメタデータを定義することによって、オブジェクトにプロパティを追加できます。

組織管理者は、同じ組織内のすべてのユーザーが所有するオブジェクトにアクセスして、それらを管理できます。組織ユーザーは、自分が所有するオブジェクトと、自分と共有されているオブジェクトにアクセスして、それらを管理できます。

vCloud Director Object Storage Extension のユーザー インターフェイスで画像、テキスト、PDF、オーディオ、ビデオ ファイルを直接プレビューできます。

vCloud Director Object Storage Extension での vApp の操作方法について

vCloud Director の vApp は、ネットワークを介して通信し、環境内のリソースとサービスを使用する 1 台以上の仮想マシンから成り立っています。vCloud Director Object Storage Extension を使用すると、vCloud Director 環境で使用していない vApp を保存できます。vApp を vCloud Director から vCloud Director Object Storage Extension にキャプチャする場合は、vApp データを vCloud Director データストアから、vCloud Director Object Storage Extension が使用するバックエンド ストレージ アプライアンスにコピーします。vApp を vCloud Director からキャプチャすることによって、ストレージ予約は vCloud Director Object Storage Extension にコピーされません。

後で、vCloud Director Object Storage Extension に保存する vApp のいずれかが必要になる場合に、vApp を元の場所に戻すことができます。バックアップとアーカイブの目的で、OVA ファイルとして vApp をダウンロードすることもできます。

vCloud Director Object Storage Extension のカタログについて

vCloud Director Object Storage Extension のカタログは vCloud Director のカタログと似ており、vApp および仮想マシンのテンプレートのコンテナとして機能します。

ISO、OVA、OVF、および VMDK ファイルを vCloud Director Object Storage Extension カタログにアップロードできます。

vCloud Director Object Storage Extension のカタログは、vCloud Director の外部カタログとして使用できます。組織管理者は、vCloud Director 組織のサブスクリプションを vCloud Director Object Storage Extension のカタログに設定できます。サブスクリプションでは、vCloud Director 環境のコンピューティング リソースを使用することなく、vCloud Director Object Storage Extension に保存されているすべてのファイルを vCloud Director 組織のユーザーが使用できるようになります。vCloud Director 組織を外部カタログにサブスクライブすることの詳細については、『vCloud Director テナント ポータル ガイド』の外部カタログのサブスクライブトピックを参照してください。

vCloud Director Object Storage Extension でカタログを作成すると、バケットも作成され、システム バケットとして予約されます。このバケットは、ユーザーによって作成されたバケットを管理する方法で管理することはできません。vCloud Director Object Storage Extension のユーザー インターフェイスからカタログ バケットを管理するには、[カタログ] ペインを使用します。

セキュリティ認証情報について

vCloud Director Object Storage Extension は、S3 互換 API と AWS 署名 V4 認証をサポートします。セキュリティ認証情報は、S3 API 要求を認証するために使用され、アクセス キーとプライベート キーで構成されます。vCloud Director Object Storage Extension は、ユーザーおよびアプリケーション タイプのセキュリティ認証情報をサポートします。

ユーザー認証情報を使用して S3 API 要求を認証すると、自分が所有している、または自分と共有されているすべてのバケットおよびオブジェクトにアクセスして、それらを管理できます。

アプリケーション認証情報を使用して S3 API 要求を認証すると、バケット レベルでオブジェクトにアクセスして管理できます。