vCloud Director Object Storage Extension のインベントリをクリーンアップしてストレージ容量を解放するには、フォルダを削除します。フォルダを削除すると、フォルダ内のすべてのオブジェクトが削除されます。

前提条件

バケットを空にするために必要な権限のセットがあることを確認します。組織管理者の場合は、組織内のユーザーが所有するフォルダを削除できます。組織ユーザーとしてフォルダを削除するには、フォルダが保存されているバケットの所有者である必要があります。バケットの所有者ではない場合は、所有者から自分のユーザー アカウントに、バケットに対するバケットの読み取り権限と[バケットの書き込み]権限が割り当てられる必要があります。

手順

  1. vCloud Director Tenant Portal にログインします。
  2. メイン メニュー () から、[Object Storage] を選択します。
  3. [バケット] ペインで、削除するフォルダを選択します。
  4. [アクション] ドロップダウン メニューから [削除] を選択し、削除を確定します。