S3 API を使用してバケットとオブジェクトを vCloud Director Object Storage Extension で管理するには、ユーザー認証情報を作成します。デフォルトでは、ユーザー認証情報を作成すると、その認証情報は vCloud Director Object Storage Extension で有効になり、すぐに使用できます。

手順

  1. vCloud Director Tenant Portal にログインします。
  2. メイン メニュー () から、[Object Storage] を選択します。
  3. [セキュリティ認証情報] > [ユーザー認証情報] を選択して、[作成] をクリックします。

結果

新しいセキュリティ認証情報が、ユーザー認証情報のリストに表示されます。