有効化された vCloud Director 組織ユーザーはすべて、vCloud Director Object Storage Extension にアクセスできます。

表示される項目と実行できるアクションは、vCloud Director 組織内のユーザー アカウントに割り当てられている権限によって異なります。

vCloud Director のユーザー アカウントに割り当てられた権限は、vCloud Director Object Storage Extension でのユーザー ロールを定義します。

次の表には、vCloud Director の権限と vCloud Director Object Storage Extension ロール間のマッピングが含まれています。

vCloud Director Object Storage Extension テナント ポータル ロール vCloud Director の権限
プロバイダ管理者
  • 全般:管理者の表示
  • プロバイダ VDC:表示
  • 組織 VDC:表示
  • UI プラグイン:表示
テナント管理者
  • 全般:管理者の表示
  • 組織 VDC:表示
  • UI プラグイン:表示

vCloud Director Object Storage Extensionテナント管理者に対して、vCloud Director でのユーザー アカウントにプロバイダ VDC:表示ロールを割り当ててはなりません。プロバイダ VDC:表示ロールをテナント管理者に割り当てると、vCloud Director Object Storage Extension のユーザー ロールがプロバイダ管理者に変更されます。

テナント ユーザー
  • UI プラグイン:表示

vCloud Director Object Storage Extensionテナント ユーザーに対して、vCloud Director でのユーザー アカウントに全般:管理者の表示および全般:管理者の表示ロールを割り当ててはなりません。これらのロールをテナント ユーザーに割り当てると、vCloud Director Object Storage Extension でのユーザー ロールがテナント管理者に変更されます。

vCloud Director での事前定義済みロールとその権限の詳細については、『vCloud Director テナント ポータル ガイド』の「事前定義ロールとその権限」トピックを参照してください。