既定のアクセス コントロール リストは、オブジェクトを組織内で共有したり、インターネット経由で公開したりするために使用できる、事前定義済みで組み込みのアクセス コントロール リストです。

注: 既定のアクセス コントロール リストをオブジェクトに設定すると、オブジェクトの既存の権限構成が上書きされます。

前提条件

オブジェクトを共有するために必要な権限のセットがあることを確認します。組織管理者の場合は、組織内のユーザーが所有するオブジェクトを共有できます。組織ユーザーとしてオブジェクトを共有するには、オブジェクトの所有者であるか、所有者から自分のユーザー アカウントに、バケットに対する完全コントロール、またはACL の読み取りおよび ACL の書き込みの権限が割り当てられる必要があります。

手順

  1. vCloud Director Tenant Portal にログインします。
  2. メイン メニュー () から、[Object Storage] を選択します。
  3. [バケット] ペインで、共有するオブジェクトが保存されているバケットまたはフォルダに移動します。
  4. 共有するオブジェクトの名前をクリックします。
  5. [権限] タブで、[既定の ACL の設定] をクリックします。
  6. オブジェクトの既定のアクセス コントロール リスト名を選択し、[ACL の設定] をクリックします。
    アクセス コントロール リスト名 説明
    Private オブジェクトにアクセスできるのは、オブジェクトの所有者と組織管理者のみです。
    Public Read オブジェクトに対する読み取りの権限を、すべてのユーザーに付与します。
    Bucket Owner Read オブジェクトに対する読み取りの権限を、バケットの所有者に付与します。
    Bucket Owner Full-Control オブジェクトに対する完全コントロールの権限を、バケットの所有者に付与します。
    Tenant Read オブジェクトに対する読み取りの権限を、vCloud Director 組織内のすべてのユーザーに付与します。