ISO および OVA ファイルを vCloud Director Object Storage Extension 内のカタログにアップロードできます。

一度に最大 10 ファイルをアップロードできます。

vCloud Director Object Storage Extension 1.0.1 を使用する場合、アップロードするすべての OVA ファイルについて、vCloud Director Object Storage Extension は OVA ファイル名を使用してフォルダを作成し、OVF、MF、VMDK の各ファイルをそのフォルダに展開します。このようなフォルダでは、フォルダ内のオブジェクトを変更することはできません。フォルダの削除のみを実行できます。

手動でカタログ内にテンプレートを作成し、OVF および VMDK ファイルをそのフォルダにアップロードすることもできます。

公開されたカタログ内で OVA または ISO ファイルを置き換える場合、操作によってカタログ内の vApp テンプレートまたはメディア項目のバージョンが増加します。

vCloud Director Object Storage Extension 1.0.1 以降では、OVF および VMDK ファイルをカタログのメイン ディレクトリにアップロードすることはできません。

vCloud Director Object Storage Extension 1.0 では、OVF ファイルと VMDK ファイルのセットをアップロードする場合、一度に 1 つのセットのみをアップロードできます。単一の OVF ファイルをカタログにアップロードできます。複数の OVA および ISO ファイルを単一のカタログにアップロードできます。

vCloud Director Object Storage Extension 1.0.1 以降では、OVF および VMDK ファイルをカタログのメイン ディレクトリにアップロードすることはできません。

重要: ファイルを vCloud Director Object Storage Extension にアップロードするときは、アップロード プロセスが完了するまで、 Object Storage Tenant Portal から移動しないでください。同じユーザー セッション内で Object Storage Tenant Portal から離脱すると、アップロード プロセスが中断されます。

前提条件

カタログにファイルをアップロードするために必要な権限のセットがあることを確認します。 組織管理者の場合は、組織内のユーザーが所有するすべてのカタログにファイルをアップロードできます。 組織ユーザーとしてファイルをカタログにアップロードするには、カタログの所有者である必要があります。

手順

  1. vCloud Director Tenant Portal にログインします。
  2. メイン メニュー () から、[Object Storage] を選択します。
  3. [カタログ] ペインで、ファイルのアップロード先となるカタログまたはテンプレートの名前をクリックします。
  4. [アップロード] をクリックします。
  5. フォルダ アイコン () をクリックして、アップロードする 1 つまたは複数のファイルに移動し、[アップロード] をクリックします。