vCloud Director Object Storage Extension でカタログを作成し、カタログにメディア ファイルをアップロードした場合は、そのカタログを vCloud Director にインポートできます。カタログを vCloud Director にインポートすると、組織のユーザーは、そのカタログ コンテンツを vCloud Director で直接操作できます。

カタログを vCloud Director Object Storage Extension から vCloud Director にインポートする場合は、 vCloud Director Object Storage Extension カタログに格納されているすべてのオブジェクトを含むカタログを vCloud Director に作成します。

前提条件

カタログを vCloud Director にインポートするために必要な権限のセットがあることを確認します。 組織ユーザーの場合は、 vCloud Director のユーザー アカウントに次の権限が割り当てられていることを確認します。
  • カタログ:カタログを作成/削除
  • 組織 vDC:表示
  • 組織 vDC ネットワーク:プロパティの表示
組織管理者の場合は、カタログを管理するために必要なすべての vCloud Director の権限を持っています。

手順

  1. vCloud Director Tenant Portal にログインします。
  2. メイン メニュー () から、[Object Storage] を選択します。
  3. [カタログ] ペインで、インポートするカタログを選択し、[インポート] をクリックします。
  4. (オプション) カタログの名前を変更します。
    入力した名前は、 vCloud Director のカタログ名として使用されます。
  5. インポート プロセスを開始するには、[インポート] をクリックします。

結果

インポート タスクが完了したら、vCloud Director Tenant Portal のオブジェクトの使用を開始できます。