アーカイブされた vApp を vCloud Director Object Storage Extension にアップロードし、後で vApp を vCloud Director にリストアして使用することができます。

一度に最大 10 個の vApp をアップロードできます。アップロードする vApp ファイルには OVA ファイル拡張子が必要です。

重要: ファイルを vCloud Director Object Storage Extension にアップロードするときは、アップロード プロセスが完了するまで、 Object Storage Tenant Portal から移動しないでください。同じユーザー セッション内で Object Storage Tenant Portal から離脱すると、アップロード プロセスが中断されます。

手順

  1. vCloud Director Tenant Portal にログインします。
  2. メイン メニュー () から、[Object Storage] を選択します。
  3. [vApp] ペインで、[アップロード] をクリックします。
  4. 同じ名前のオブジェクトを上書きするかどうかを選択します。
    デフォルトでは、 vCloud Director Object Storage Extension は同じ名前のファイルを上書きします。
  5. フォルダ アイコン () をクリックして、アップロードする 1 つまたは複数のファイルに移動し、[アップロード] をクリックします。