オリジン間リソース共有 (CORS) は、1 つのドメインにロードされたクライアント Web アプリケーションが別のドメイン内のリソースを操作するためのメカニズムです。

VMware Cloud Director Object Storage Extension のユーザー インターフェイスを使用して、グローバル CORS 設定をシステム レベルで編集できます。テナント ユーザーは、バケット レベルで個々の CORS ルールを設定できます。

デフォルトで、グローバル CORS 設定ではオリジン間の S3 API 要求は許可されていません。バケット レベルで CORS ルールを管理するには、グローバル設定を無効にするか、許可リストを設定します。次に、VMware Cloud Director Object Storage Extension tenant portal を使用して、CORS ルールを構成します。「オリジン間リソース共有のルールの操作」を参照してください。

手順

  1. VMware Cloud Director service provider admin portal にログインします。
  2. メイン メニュー(バー アイコン)から、[Object Storage] を選択します。
  3. [設定] タブで [編集] をクリックします。
  4. CORS 構成を選択し、[保存] をクリックします。
    CORS 構成には 3 つのオプションがあります。
    オプション 説明
    [グローバル CORS を無効にする] バケットへのオリジン間のアクセスは、個々のバケットの CORS ルールによって異なります。
    [任意のオリジンでグローバル CORS を有効にする] バケットへのオリジン間のアクセスは、すべてのリクエストについて許可されます。
    [カスタム オリジン許可リストでグローバル CORS を有効にする] バケットへのオリジン間のアクセスは、指定したオリジンからのリクエストについて許可されます。他のオリジンからのアクセスのリクエストは、個々のバケットの CORS ルールによって異なります。