VMware Cloud Director 組織ユーザーを AWS にオンボーディングする場合、E メールを使用して新しい AWS アカウントを作成し、それを VMware Cloud Director テナント組織の所有者として指名できます。

新しいユーザー アカウントを作成する場合、AWS アカウントを作成するユーザーの有効なメール アドレスのみが必要になります。VMware Cloud Director Object Storage Extension は、AWS ユーザー アカウントを作成し、必要なすべての権限を割り当て、ユーザー アカウントの AWS S3 を有効にします。

前提条件

  • ユーザー アカウントを作成する VMware Cloud Director 組織の VMware Cloud Director Object Storage Extension が無効になっていることを確認します。
  • オンボーディングにするユーザーの E メールに AWS アカウントがないことを確認します。

手順

  1. VMware Cloud Director service provider admin portal にログインします。
  2. メイン メニュー(バー アイコン)から、[Object Storage] を選択します。
  3. [テナント] タブで、AWS アカウントを作成するテナント組織の名前をクリックします。
  4. ストレージ プラットフォーム カードで、[アカウントの管理] をクリックします。
  5. [作成] を選択し、[次へ] をクリックします。
  6. AWS ユーザー アカウントのメール アドレスを入力し、[作成] をクリックします。
    AWS アカウントの作成と構成には数分かかります。
  7. (オプション) アカウント作成の最新ステータスを取得するには、[同期ステータス] をクリックします。

結果

アカウントを作成して構成すると、 VMware Cloud Director Object Storage ExtensionAWS ユーザー アカウントを自動的に有効にし、テナントは AWS S3VMware Cloud Director Object Storage Extension の使用を開始できます。