VMware Cloud Director マルチサイト機能を使用すると、地理的に分散した複数の VMware Cloud Director インストール(サーバ グループ)を所有するクラウド プロバイダまたはテナントが、これらのインストールおよび組織を単一エンティティとして管理および監視できます。

マルチサイト VMware Cloud Director アーキテクチャ内で VMware Cloud Director Object Storage Extension を展開して構成することができます。マルチサイト アーキテクチャ内で VMware Cloud Director Object Storage Extension を構成することで、テナント ユーザーはリモート サイトのオブジェクトをプレビューおよびダウンロードできるようになります。

マルチサイト機能を使用することで、高可用性を実現し、組織ユーザーに対して単一のデータ アクセス ポイントを提供できます。

マルチサイト アーキテクチャでは、各サイトのスタンドアローンの仮想データセンターを使用して VMware Cloud Director Object Storage Extension のインスタンスを構成できます。次の図は、そのアーキテクチャを示しています。

マルチサイト VMware Cloud Director 環境内の内部コンポーネントと外部コンポーネント間の接続を表示するアーキテクチャ図。この図は、異なるサイトの VMware Cloud Director Object Storage Extension インスタンスが、それぞれのサイトに属する仮想データセンターを使用する構成を示しています。

複数のサイトの VMware Cloud Director Object Storage Extension インスタンスを、単一の仮想データセンターを使用するように構成することもできます。次の図は、そのアーキテクチャを示しています。

マルチサイト VMware Cloud Director 環境内の内部コンポーネントと外部コンポーネント間の接続を表示するアーキテクチャ図。この図は、異なるサイトの VMware Cloud Director Object Storage Extension インスタンスが、1 つの仮想データセンターを使用する構成を示しています。

マルチサイト機能を構成する場合は、複数の VMware Cloud Director Object Storage Extension インスタンスからなるクラスタを作成して、アベイラビリティ ゾーンを作成します。VMware Cloud Director Object Storage Extension インスタンスは、単一のリージョンでのみグループ化できます。リージョンとは、ある地理的な領域内のコンピューティング リソースの集まりのことです。リージョンは分離されており、互いに独立しています。VMware Cloud Director Object Storage Extension はマルチリージョンのアーキテクチャをサポートしていません。

マルチサイト環境内では、テナント組織間で同じバケットとオブジェクトを共有できます。バケットとオブジェクトをサイト間で共有するには、すべてのテナント組織を同じストレージ グループにマッピングします。「テナント マッピング構成の編集」を参照してください。

VMware Cloud Director Object Storage Extension のマルチサイト デプロイの要件

VMware Cloud Director Object Storage Extension を使用してマルチサイト機能を構成する場合は、次の要件を考慮してください。
  • マルチサイト環境で使用する VMware Cloud Director サイトを関連付けます。詳細については、『VMware Cloud Director クラウド プロバイダ管理ポータル ガイド』を参照してください。
  • 各サイトに VMware Cloud Director Object Storage Extension インスタンスをデプロイして構成します。
  • ストレージ プラットフォーム クラスタはサイト間で共有できます。また、各サイトで必要なすべてのストレージ コンポーネントをデプロイして構成することもできます。
  • ストレージ クラスタを分散グループに追加します。

    Cloudian HyperStore の場合は、マルチ DC データ分散グループを使用してストレージ ポリシーを設定します。

    ECS の場合は、仮想データセンター全体でレプリケーション グループを設定します。

  • AWS S3 の場合は、同じ AWS 支払者アカウントを使用して VMware Cloud Director Object Storage Extension を構成します。また、すべての VMware Cloud Director Object Storage Extension サイトが同じリージョン内の AWS S3 エンドポイントで構成されていることを確認します。