VMware Cloud Director® Object Storage Extension™ のドキュメント ページへようこそ。

VMware Cloud Director Object Storage Extension は、VMware Cloud Director フレームワーク内でプロビジョニングおよび管理される統合ストレージ ソリューションです。

VMware Cloud Director Object Storage Extension は、ストレージ クラスタまたは AWS S3 上で実行されるスタンドアローンのミドルウェア サービスで、VMware Cloud Director のユーザーにオブジェクト ストレージ機能を提供します。

VMware Cloud Director Object Storage Extension は、Cloudian HyperStore、DELL ECS、Amazon ネイティブ S3 プラットフォームをサポートします。また、Object Storage Interoperability Service (OSIS) という拡張ポイントを使用して、S3 準拠のオブジェクト ストレージ プラットフォームを統合することもできます。OSIS は、VMware Cloud Director Object Storage Extension がサードパーティのオブジェクト ストレージ プラットフォームと通信し、テナントおよびユーザー情報を交換するための一連の管理 API 仕様を定義します。詳細については、『VMware Object Storage Interoperability Service Development Guide』を参照してください。

次の図は、VMware Cloud Director Object Storage Extension のアーキテクチャと、VMware コンポーネントとストレージ プラットフォーム コンポーネント間のネットワーク接続を示しています。


この図は、すべての Object Storage Extension コンポーネントが連携して、VMware Cloud Director ユーザーにオブジェクト ストレージ機能を提供する方法を示しています。

VMware Cloud Director Object Storage Extension の新機能

VMware Cloud Director Object Storage Extension バージョン 2.2.1 には、次の新機能が含まれています。

  • S3 へのプロバイダ アクセス

    テナント管理者は、テナント オブジェクト ストレージ ポータルへのプロバイダ管理者のアクセスを制御できます。また、ソリューション組織のオブジェクト ストレージ ポータルへのプロバイダ アクセスのサポートも提供します。

  • Kubernetes パーシステント ボリュームのバックアップとリストア

    オープン ソースの Velero と Kopia の自動プロビジョニングを使用して、ボリュームのファイル システムからポッドに接続された Kubernetes ボリュームをバックアップおよびリストアします。

  • OSIS の強化

    IAM ユーザーのサポート、テナントのオンボーディング、バケットの同期など、Object Storage Interoperability Service (OSIS) のサポートの向上。

その他のリソース

[VMware Cloud Director Object Storage Extension 2.0]
[外部リソース]