環境を準備して前提条件を確認したら、最初のターゲットの Linux サーバで vCloud Director インストーラを実行して vCloud Director サーバ グループの作成を開始することができます。

vCloud Director for Linux は、vmware-vcloud-director-distribution-v という形式の名前のデジタル署名された実行可能ファイルとして配布されます。v.v-nnnnnn.bin。ここで vv.v は、製品バージョン、nnnnnn はビルド番号を表します。例えば、vmware-vcloud-director-distribution-8.10.0-3698331.bin というファイル名になります。この実行可能ファイルを実行すると、vCloud Director がインストールまたはアップグレードされます。

vCloud Director インストーラでは、ターゲット サーバーがプラットフォームのすべての前提条件を満たしていることを確認し、vCloud Director ソフトウェアをターゲット サーバーにインストールします。

前提条件

  • ターゲット サーバのスーパーユーザーの認証情報があることを確認します。

  • インストーラにインストール ファイルのデジタル署名を検証させる場合、ターゲット サーバに VMware パブリック キーをダウンロードし、インストールします。インストール ファイルのデジタル署名をすでに検証している場合、インストール中にそれを再び検証する必要はありません。VMware パブリック キーのダウンロードとインストールを参照してください。

手順

  1. ターゲット サーバに root としてログインします。
  2. インストール ファイルをターゲット サーバーにダウンロードします。
    メディアでソフトウェアを購入した場合は、ターゲット サーバからアクセス可能な場所にインストール ファイルをコピーします。
  3. ダウンロード ページに投稿されているものとダウンロードのチェックサムが一致することを確認します。
    MD5 と SHA1 チェックサムの値が、ダウンロード ページに投稿されます。適切なツールを使用して、ダウンロードされたインストール ファイルのチェックサムがダウンロード ページのものと一致することを確認します。次の形式の Linux コマンドは installation-file のチェックサムを表示します。
    [root@cell1 /tmp]# md5sum installation-file
    コマンドはインストール ファイルのチェックサムを返します。これは、ダウンロード ページの MD5 チェックサムと一致する必要があります。
  4. インストール ファイルが実行可能であることを確認します。
    インストール ファイルには実行権限が必要です。この権限を確実にインストール ファイルに設定するには、コンソール、シェル、またはターミナル ウィンドウを開き、次の Linux コマンドを実行します。 installation-file は、 vCloud Director インストール ファイルへのフル パス名です。
    [root@cell1 /tmp]# chmod u+x installation-file
  5. インストール ファイルを実行します。
    インストール ファイルを実行するには、フル パス名を入力します。次に例を示します。
    [root@cell1 /tmp]# ./installation-file
    ファイルには、インストール スクリプトと組み込みの RPM パッケージが含まれます。
    注: パス名に埋め込まれたスペース文字を含むディレクトリからインストール ファイルを実行することはできません。
    ターゲット サーバに VMware パブリック キーをインストールしなかった場合、インストーラは次の形式の警告を出力します。
    warning:installation-file.rpm: Header V3 RSA/SHA1 signature: NOKEY, key ID 66fd4949

    インストーラは次のアクションを実行します。

    1. ホストがすべての要件を満たすことを確認する。
    2. インストール ファイルのデジタル署名を検証する。
    3. vcloud ユーザーとグループを作成する。
    4. vCloud Director RPM パッケージを展開する。
    5. ソフトウェアをインストールする。
    インストールが完了すると、インストーラにより、構成スクリプトを実行してネットワーク接続とデータベース接続を構成するよう求めるメッセージが表示されます。
  6. 構成スクリプトを実行するかどうかを選択します。
    1. インタラクティブ モードで構成スクリプトを実行するには、y と入力して Enter を押します。
    2. 後でインタラクティブ モードまたは無人モードで構成スクリプトを実行するには、n と入力して Enter を押します。