アプライアンスのデプロイを開始するには、vSphere Web Client (Flex) または vSphere Client (HTML5) からデプロイ ウィザードを開きます。

手順

  1. vSphere Web Client または vSphere Client でインベントリ オブジェクトを右クリックし、[OVF テンプレートのデプロイ] をクリックします。
  2. vCloud Director.ova ファイルのパスを入力し、[次へ] をクリックします。
  3. 仮想マシンの名前を入力し、vCenter Server リポジトリを参照して、アプライアンスをデプロイするデータセンターまたはフォルダを選択し、[次へ] をクリックします。
  4. アプライアンスをデプロイする ESXi ホストまたはクラスタを選択し、[次へ] をクリックします。
  5. テンプレートの詳細を確認し、[次へ] をクリックします。
  6. 使用許諾契約書を読んで同意し、[次へ] をクリックします。
  7. デプロイのタイプおよびサイズを選択して、[次へ] をクリックします。
    ラボ システムまたはテスト システムに適している vCloud Director アプライアンスのサイズは、プライマリ(大)およびスタンバイ(小)です。プライマリ(大)およびスタンバイ(大)のサイズは、本番環境システムの最小のサイズ要件を満たします。ワークロードによっては、リソースの追加が必要になる場合があります。
    オプション 説明
    プライマリ(小)

    12 GB の RAM と 2 つの vCPU を搭載したアプライアンスを、vCloud Director サーバ グループの最初のメンバーとしてデプロイします。

    プライマリ セルの組み込みデータベースは、vCloud Director データベースとして設定されます。データベース名は vcloud、データベース ユーザーは vcloud です。

    プライマリ(大)

    24 GB の RAM と 4 つの vCPU を搭載したアプライアンスを、vCloud Director サーバ グループの最初のメンバーとしてデプロイします。

    プライマリ セルの組み込みデータベースは、vCloud Director データベースとして設定されます。データベース名は vcloud、データベース ユーザーは vcloud です。

    スタンバイ(小)

    データベース HA クラスタにプライマリ(小)セルを追加する場合に使用します。

    12 GB の RAM と 2 つの vCPU を搭載したアプライアンスを、データベース高可用性構成の vCloud Director サーバ グループの 2 番目または 3 番目のメンバーとしてデプロイします。

    スタンバイ セルの組み込みデータベースは、プライマリ データベースを使用してレプリケーション モードで設定されます。

    スタンバイ(大)

    データベース HA クラスタにプライマリ(大)セルを追加する場合に使用します。

    24 GB の RAM と 4 つの vCPU を搭載したアプライアンスを、データベース高可用性構成の vCloud Director サーバ グループの 2 番目または 3 番目のメンバーとしてデプロイします。

    スタンバイ アプライアンスの組み込みデータベースは、プライマリ データベースを使用してレプリケーション モードで設定されます。

    vCD セル アプリケーション

    8 GB の RAM と 2 つの vCPU を搭載したアプライアンスを、vCloud Director サーバ グループの後続のメンバーとしてデプロイします。

    vCD アプリケーション セル内の組み込みデータベースは使用されません。vCD アプリケーション セルは、プライマリ データベースに接続されます。

    重要: vCloud Director サーバ グループ内のプライマリ セルおよびスタンバイ セルは、同じサイズである必要があります。データベース HA クラスタは、1 つのプライマリ セル(小)と 2 つのスタンバイ セル(小)、または 1 つのプライマリ セル(大)と 2 つのスタンバイ セル(大)で構成できます。

    デプロイ後に、アプライアンスのサイズを再設定できます。

  8. 仮想マシン構成ファイルと仮想ディスクのディスク フォーマットとデータストアを選択し、[次へ] をクリックします。
    シック フォーマットはパフォーマンスを向上させ、シン フォーマットはストレージ容量を節約します。
  9. [ターゲット ネットワーク] セルのドロップダウン メニューから、アプライアンスの eth1 NIC および eth0 NIC のターゲット ネットワークを選択します。
    重要: 2 つのターゲット ネットワークは異なっている必要があります。
  10. [IP アドレスの割り当て設定] ドロップダウン メニューから [固定 - 手動] IP 割り当てを選択して、[IPv4] プロトコルを選択します。
  11. [次へ] をクリックします。
    vCloud Director の詳細を設定する [テンプレートのカスタマイズ] 画面にリダイレクトされます。