専用 vCenter Server をテナントに公開し、vCloud Director Tenant Portal を使用して表示することができます。デフォルトでは、1 つの vCenter Server を 1 つのテナントにのみ公開する必要があります。

デフォルトでは、SDDC は、対応する専用 vCenter Server インスタンスをその組織のみに公開することによって単一テナント専用に処理する vCenter Server インスタンスです。テナントは、専用 vCenter Server インスタンスのリソースを他のテナントと共有しません。専用 vCenter Server インスタンスを複数のテナントに公開すると、テナントの境界違反になります。ただし、テナントが複数の専用 vCenter Server インスタンスにアクセスしなければならない場合もあります。このような場合は、専用 vCenter Server インスタンスを複数のテナントに公開できます。

前提条件

手順

  1. メイン メニュー (メニュー) から、[vSphere リソース] を選択します。
  2. 左側のパネルで [vCenter] をクリックします。
  3. テナント アクセスが有効な vCenter Server を選択します。
    テナント アクセスが有効な vCenter Server インスタンスは、 [使用率] 列に [専用] 値が設定されています。
  4. [テナントの管理] をクリックします。
  5. vCenter Server インスタンスを公開するテナントを選択します。
    リストからテナントの選択を解除すると、 vCenter Server が公開解除されます。
  6. [保存] をクリックします。

次のタスク

ユーザーが vCloud Director Tenant Portal から専用 vCenter Server インスタンスおよびプロキシにアクセスできるようにするには、[CPOM 拡張機能] プラグインを組織に公開する必要があります。組織からのプラグインの公開または公開解除を参照してください。