宛先のサブネットまたはホストにスタティック ルートを追加できます。

デフォルトのルーティング設定で ECMP が有効になっている場合は、スタティック ルートに複数のネクスト ホップを指定できます。ECMP を有効にする手順については、NSX Data Center for vSphere Edge Gateway のデフォルトのルーティング設定の指定を参照してください。

前提条件

NSX のドキュメントで説明されているとおり、スタティック ルートのネクスト ホップ IP アドレスは、 NSX Data Center for vSphere Edge Gateway のインターフェイスのいずれかに関連付けられているサブネット内に存在している必要があります。異なる場合、そのスタティック ルートの設定は失敗します。

手順

  1. Edge Gateway サービスを開きます。
    1. メイン メニュー (メニュー) から、[クラウド リソース] を選択します。
    2. 左側のパネルで [Edge Gateway] をクリックします。
    3. ターゲット Edge Gateway の名前の横にあるラジオ ボタンをクリックして、[サービス] をクリックします。
  2. [ルーティング] > [スタティック ルート] の順に移動します。
  3. [作成]追加ボタン)ボタンをクリックします。
  4. スタティック ルートの次のオプションを設定します。
    オプション 説明
    ネットワーク ネットワークを CIDR 表記で入力します。
    ネクスト ホップ ネクスト ホップの IP アドレスを入力します。

    ネクスト ホップ IP アドレスは、Edge Gateway のインターフェイスのいずれかに関連付けられているサブネット内に存在している必要があります。

    ECMP が有効になっている場合は、複数のネクスト ホップを入力できます。

    MTU データ パケットの最大転送値を編集します。

    MTU 値は、選択された Edge ゲートウェイ インターフェイスに設定された MTU 値を超える値にすることはできません。デフォルトでは、[ルーティング設定] 画面に、Edge ゲートウェイ インターフェイスで設定された MTU を表示できます。

    インターフェイス オプションで、スタティック ルートを追加する Edge ゲートウェイ インターフェイスを選択します。デフォルトで、ネクスト ホップのアドレスに一致するインターフェイスが選択されます。
    説明 オプションで、スタティック ルートの説明を入力します。
  5. [変更を保存] をクリックします。

次のタスク

スタティック ルートの NAT ルールを設定します。SNAT または DNAT ルールの追加を参照してください。

トラフィックがスタティック ルートを経由することを許可するファイアウォール ルールを追加します。NSX Data Center for vSphere Edge Gateway ファイアウォール ルールの追加を参照してください。