vCloud Director 環境の Edge Gateway では、一部の SSL VPN-Plus 設定がデフォルトで設定されています。vCloud Director テナント ポータルの [SSL VPN-Plus] タブの [全般設定] を使用して、これらの設定をカスタマイズします。

手順

  1. [SSL VPN-Plus] タブで、[全般設定] をクリックします。
  2. 組織のニーズに合わせて、必要に応じて全般設定を編集します。
    オプション 説明
    同じユーザー名を使用した複数のログインを禁止する オンにすると、リモート ユーザーが同じユーザー名で使用できるアクティブなログイン セッションが 1 つのみに制限されます。
    圧縮 オンにすると、TCP ベースのインテリジェント データ圧縮が有効になり、データ転送速度が向上します。
    ログの有効化 オンにすると、SSL VPN ゲートウェイを通過するトラフィックのログが保持されます。

    デフォルトではログは有効です。

    仮想キーボードを強制する オンにすると、リモート ユーザーは画面上の仮想キーボードのみを使用してログイン情報を入力する必要があります。
    仮想キーボードのキーをランダム化する オンにすると、仮想キーボードでランダムなキー レイアウトが使用されます。
    セッション アイドル タイムアウト セッション アイドル タイムアウトを分単位で入力します。

    指定された期間、ユーザーのセッションでアクティビティがない場合、ユーザーのセッションを切断します。システムのデフォルトは 10 分です。

    ユーザー通知 リモート ユーザーがログインした後、リモート ユーザーに表示するメッセージを入力します。
    パブリック URL アクセスを有効化 オンにすると、リモート ユーザーは、リモート ユーザー アクセスが明示的に設定されていないサイトにアクセスできます。
    強制タイムアウトを有効化 オンにすると、[強制タイムアウト] フィールドで指定した期間の経過後にリモート ユーザーを切断します。
    強制タイムアウト タイムアウト時間を分単位で入力します。

    [強制タイムアウトを有効化] をオンに切り替えると、このフィールドが表示されます。

  3. [変更を保存] をクリックします。