Edge ゲートウェイに対して、スタティック ルーティングおよび動的ルーティングのデフォルト設定を指定できます。

注: 設定されているすべてのルーティング設定を削除するには、 [ルーティング設定] 画面の下部にある [グローバル構成をクリア] ボタンを使用します。このアクションにより、デフォルトのルーティング設定、スタティック ルート、OSPF、BGP、ルート再配分の各サブ画面で現在指定されているすべてのルーティング設定が削除されます。

手順

  1. Edge Gateway サービスを開きます。
    1. メイン メニュー (メニュー) から、[クラウド リソース] を選択します。
    2. 左側のパネルで [Edge Gateway] をクリックします。
    3. ターゲット Edge Gateway の名前の横にあるラジオ ボタンをクリックして、[サービス] をクリックします。
  2. [ルーティング] > [ルーティング設定] の順に選択します。
  3. この Edge ゲートウェイで等価コスト マルチパス (ECMP) ルーティングを有効にするには、[ECMP] 切り替えをオンにします。
    NSX 管理』ドキュメントで説明されているとおり、ECMP は、単一のターゲットへのネクスト ホップ パケット転送が複数のベスト パスで行われるようにするルーティング戦略です。 NSX は、これらのベスト パスの決定を、統計に基づくか、設定済みのスタティック ルートを使用するか、または OSPF や BGP などの動的ルーティング プロトコルによるメトリック計算の結果として行います。[スタティック ルート] 画面で複数のネクスト ホップを指定することで、スタティック ルートに対する複数のパスを指定できます。

    ECMP と NSX の詳細については、『NSX トラブルシューティング ガイド』のルーティングに関するトピックを参照してください。

  4. デフォルトのルーティング ゲートウェイの設定を指定します。
    1. [適用対象] ドロップ ダウン リストを使用して、ターゲット ネットワークに向かうネクスト ホップに到達できるインターフェイスを選択します。
      選択したインターフェイスの詳細を表示するには、青い情報アイコンをクリックします。
    2. ゲートウェイ IP アドレスを入力します。
    3. MTU を入力します。
    4. (オプション) オプションで、説明を入力します。
    5. [変更を保存] をクリックします。
  5. デフォルトの動的ルーティング設定を指定します。
    注: 環境で IPsec VPN を設定してある場合は、動的ルーティングを使用しないでください。
    1. ルーター ID を選択します。
      リストからルーター ID を選択するか、 [+] アイコンを使用して新しいルーター ID を入力します。このルーター ID は、動的ルーティングのためにルートをカーネルにプッシュする Edge ゲートウェイの最初のアップリンク IP アドレスになります。
    2. [ログの有効化] 切り替えをオンにし、ログ レベルを選択することにより、ログ記録を設定します。
    3. [OK] をクリックします。
  6. [変更を保存] をクリックします。

次のタスク

スタティック ルートを追加します。スタティック ルートの追加を参照してください。

ルート再配分を設定します。ルート再配分の設定を参照してください。

動的ルーティングを設定します。次のトピックを参照してください。