Edge ゲートウェイ上の外部ネットワークの使用可能な IP アドレス プールを複数の固定 IP アドレス プールに細分割り当てすることができます。

注: 細分割り当てによる Edge Gateway への IP アドレスの割り当ては、プロバイダが IP アドレスの所有権をゲートウェイに割り当てるプロセスです。 vCloud Director では、細分割り当てプロセスで適切なゲートウェイ インターフェイスにセカンダリ アドレスを自動的に設定します。このため、いずれかの IP アドレスが vCloud Director の外部で使用されている場合は、IP アドレスの競合が発生する可能性があります。

手順

  1. メイン メニュー (メニュー) から、[クラウド リソース] を選択します。
  2. 左側のパネルで [Edge Gateway] をクリックし、ターゲット Edge Gateway の名前をクリックします。
  3. [外部ネットワーク] > [細分割り当て済み IP プール] タブの順にクリックします。
    この Edge ゲートウェイ上のそれぞれの外部ネットワークについて現在の細分割り当て済み IP アドレス プールが表示されます。
  4. 外部ネットワーク名の横にあるラジオ ボタンをクリックして、[編集] をクリックします。
    この外部ネットワークに使用可能な IP アドレス プールと、現在細分割り当てされている IP アドレス プール(設定されている場合)が表示されます。
  5. この外部ネットワークに細分割り当てされている IP アドレス プールを編集し、[保存] をクリックします。
    使用可能な IP アドレス プールの範囲から IP アドレスと IP アドレス範囲を追加、変更、および削除できます。

結果

システムは重複する IP アドレス範囲を結合します。