デフォルトでは、ルーターは同じプロトコルを実行している他のルーターとのみルートを共有します。マルチプロトコル環境を設定した場合は、クロスプロトコル ルート共有を使用するようにルート再配分を設定する必要があります。ルート再配分は NSX Data Center for vSphere Edge Gateway に対して設定できます。

手順

  1. Edge Gateway サービスを開きます。
    1. メイン メニュー (メニュー) から、[クラウド リソース] を選択します。
    2. 左側のパネルで [Edge Gateway] をクリックします。
    3. ターゲット Edge Gateway の名前の横にあるラジオ ボタンをクリックして、[サービス] をクリックします。
  2. [ルーティング] > [ルートの再分散] に移動します。
  3. プロトコルの切り替えを使用して、ルートの再分散を有効にするプロトコルをオンにします。
  4. 画面上のテーブルに IP プリフィックスを追加します。
    1. [追加]追加ボタン)ボタンをクリックします。
    2. ネットワークの名前および IP アドレスを CIDR 形式で入力します。
    3. [保持] をクリックします。
  5. [追加]追加ボタン)ボタンをクリックして各 IP プリフィックスに再分散基準を指定します。ダイアログ ボックスで基準を指定し、[保持] をクリックします。
    テーブル内のエントリは順番に処理されます。上下の矢印を使用して順番を調整します。
    オプション 説明
    プリフィックス名 特定の IP プリフィックスを選択してこの基準を適用するか、または [任意] を選択してすべてのネットワーク ルートに基準を適用します。
    学習者プロトコル この再分散基準で他のプロトコルからルートを学習するプロトコルを選択します。
    次からの学習を許可 [学習者プロトコル] リストで選択したプロトコルでルートを学習できるネットワークのタイプを選択します。
    アクション 選択したネットワーク タイプからの再分散の許可または拒否のいずれかを選択します。
  6. [変更を保存] をクリックします。