NSX Data Center for vSphere によってバッキングされているすべてのプロバイダ VDC には、VXLAN ネットワーク プールが含まれています。

NSX Data Center for vSphere によってバッキングされるプロバイダ VDC を作成する場合は、プロバイダ VDC を既存の VXLAN ネットワーク プールに関連付けるか、プロバイダ VDC 用の VXLAN ネットワーク プールを作成します。

新しく作成された VXLAN ネットワーク プールには、作成時に、含まれるプロバイダ VDC の名前から派生する名前が与えられ、その VDC に接続されます。このネットワーク プールの削除または編集を行うことはできません。プロバイダ VDC の名前を変更すると、VXLAN ネットワーク プールの名前も自動的に変更されます。

注: インフラストラクチャ全体でネットワーク パフォーマンスを最適化するには、1 つの VXLAN ネットワーク プールを作成し、作成時にすべてのプロバイダ VDC に関連付けます。

vCloud Director VXLAN ネットワークは、IETF VXLAN 標準に基づいており、さまざまな利点があります。

  • レイヤ 3 の境界をまたぐ論理ネットワーク
  • 単一のレイヤ 2 上の複数のラックをまたぐ論理ネットワーク
  • ブロードキャストの抑制
  • 高パフォーマンス
  • 規模の拡大 (最高で1,600 万のネットワーク アドレス)

vCloud Director 環境における VXLAN ネットワークの詳細については、『NSX 管理ガイド』を参照してください。