Edge Gateway のファイアウォール ルールを追加するには、この Edge Gateway の [ファイアウォール] タブを使用します。これらのファイアウォール ルールのソースおよびターゲットとして複数の NSX Edge インターフェイスと複数の IP アドレス グループを追加できます。

ルールのソースまたはターゲットに [内部] を指定すると、NSX Edge Gateway に接続されたポート グループ上のすべてのサブネットのトラフィックが指定されます。ソースとして [内部] を選択した場合は、NSX ゲートウェイに追加で内部インターフェイスを設定すると、ルールが自動的に更新されます。

注: Edge ゲートウェイを動的ルーティング用に設定すると、内部インターフェイスの Edge ゲートウェイ ファイアウォール ルールは機能しません。

手順

  1. Edge Gateway サービスを開きます。
    1. メイン メニュー (メニュー) から、[クラウド リソース] を選択します。
    2. 左側のパネルで [Edge Gateway] をクリックします。
    3. ターゲット Edge Gateway の名前の横にあるラジオ ボタンをクリックして、[サービス] をクリックします。
  2. [ファイアウォール ルール] 画面が表示されない場合は、[ファイアウォール] タブをクリックします。
  3. ファイアウォール ルール テーブルで既存のルールの下にルールを追加するには、その既存の行をクリックし、[作成] ボタンをクリックします。
    新しいルールの行が選択したルールの下に追加され、デフォルトでは、すべてのターゲット、すべてのサービス、および [許可] アクションが割り当てられます。ファイアウォール テーブルにシステム定義のデフォルト ルールしかない場合、新しいルールはデフォルトのルールの上に追加されます。
  4. [名前] セルをクリックし、名前を入力します。
  5. [ソース] セルをクリックし、表示されているアイコンを使用して、ルールに追加するソースを選択します。
    オプション 説明
    [IP] アイコンをクリック 使用するソースの値を入力します。有効な値は、IP アドレス、CIDR、IP アドレス範囲、またはキーワード any です。Edge ゲートウェイ ファイアウォールは、IPv4 と IPv6 の両方の形式をサポートしています。
    [+] アイコンをクリック [+] アイコンを使用し、特定の IP アドレス以外のオブジェクトをソースとして次のように指定します。
    • [オブジェクトの選択] ウィンドウを使用し、選択内容に一致するオブジェクトを追加し、[保持] をクリックしてそれらをルールに追加します。
    • ソースをルールから除外するには、[オブジェクトの選択] ウィンドウを使用してこのルールに追加し、次に除外の切り替えアイコンを選択してそのソースをこのルールから除外します。

    ソースで除外の切り替えを選択すると、すべてのソース(除外したソースを除く)から受信するトラフィックにルールが適用されます。除外の切り替えを選択しない場合、[オブジェクトの選択] ウィンドウで指定したソースから受信するトラフィックにルールが適用されます。

  6. [ターゲット] セルをクリックし、次のオプションのいずれかを実行します。
    オプション 説明
    [IP] アイコンをクリック 使用するターゲットの値を入力します。有効な値は、IP アドレス、CIDR、IP アドレス範囲、またはキーワード any です。Edge ゲートウェイ ファイアウォールは、IPv4 と IPv6 の両方の形式をサポートしています。
    [+] アイコンをクリック [+] アイコンを使用し、特定の IP アドレス以外のオブジェクトをソースとして次のように指定します。
    • [オブジェクトの選択] ウィンドウを使用し、選択内容に一致するオブジェクトを追加し、[保持] をクリックしてそれらをルールに追加します。
    • ソースをルールから除外するには、[オブジェクトの選択] ウィンドウを使用してこのルールに追加し、次に除外の切り替えアイコンを選択してそのソースをこのルールから除外します。

    ソースで除外の切り替えを選択すると、すべてのソース(除外したソースを除く)から受信するトラフィックにルールが適用されます。除外の切り替えを選択しない場合、[オブジェクトの選択] ウィンドウで指定したソースから受信するトラフィックにルールが適用されます。

  7. 新しいルールの [サービス] セルをクリックし、[+] アイコンをクリックして、そのサービスをポートとプロトコルの組み合わせとして指定します。
    1. サービス プロトコルを選択します。
    2. ソース ポートとターゲット ポートのポート番号を入力するか、任意 を指定します。
    3. [保持] をクリックします。
  8. 新しいルールの [アクション] セルで、ルールのアクションを設定します。
    オプション 説明
    承諾 指定されたソース、ターゲット、およびサービスとの間のトラフィックを許可します。
    拒否 指定されたソース、ターゲット、およびサービスとの間のトラフィックをブロックします。
  9. [変更を保存] をクリックします。
    保存操作が完了するまでに 1 分ほどかかることがあります。