クラウド リソースとは、基盤となる vSphere リソースを抽象化したもので、vCloud Director 仮想マシンおよび vApps にコンピューティング リソースおよびメモリのリソースを提供し、ストレージおよびネットワーク接続へのアクセスを可能にします。

クラウド リソースにはプロバイダおよび組織の仮想データセンター、外部ネットワーク、組織仮想データセンター ネットワーク、ネットワーク プールがあります。クラウド リソースを vCloud Director に追加するには、事前に vSphere リソースを追加する必要があります。

組織仮想データセンターの詳細については、組織仮想データセンターの管理を参照してください。

組織仮想データセンター ネットワークの詳細については、『vCloud Director Tenant Portal Guide』の「組織仮想データセンター ネットワークの管理」の章を参照してください。

vCloud Director 9.7 には、vCenter Server インストール全体をカプセル化するクラウド リソースとして SDDC または専用 vCenter Server インスタンスが導入されています。プロバイダは、専用 vCenter Server インスタンスの作成と有効化、テナントへの公開、および基盤となる vSphere 環境のさまざまなコンポーネントに対するプロキシの作成と有効化を行うことができます。専用 vCenter Server インスタンスおよびプロキシの作成、テナントへの公開、および管理を行うには、Service Provider Admin Portal または vCloud OpenAPI を使用します。専用 vCenter Server インスタンスおよびプロキシの管理または https://code.vmware.com にあるvCloud OpenAPI のスタート ガイドを参照してください。