セキュリティ タグを作成すると、仮想マシンに手動で割り当てることができます。セキュリティ タグを編集して、セキュリティ タグをすでに割り当てた仮想マシンからタグを削除することもできます。

セキュリティ タグを作成済みの場合、それらを仮想マシンに割り当てることができます。セキュリティ タグを使用すると、ファイアウォール ルールを記述するための仮想マシンをグループ化できます。たとえば、機密性の高いデータがある仮想マシンのグループにセキュリティ タグを割り当てます。

手順

  1. メイン メニュー (メニュー) から、[クラウド リソース] を選択します。
  2. 左側のパネルで [組織 VDC] をクリックします。
  3. ターゲット組織仮想データセンターの横にあるラジオ ボタンをクリックして、[ファイアウォールの管理] をクリックします。
  4. [セキュリティ タグ] タブをクリックします。
  5. セキュリティ タグのリストから、編集するセキュリティ タグを選択し、[編集]編集ボタン)ボタンをクリックします。
  6. 左側のパネルから仮想マシンを選択し、右矢印をクリックしてセキュリティ タグを割り当てます。
    右側のパネルの仮想マシンには、セキュリティ タグが割り当てられます。
  7. 右側のパネルで仮想マシンを選択し、左矢印をクリックしてタグを削除します。
    左側のパネルの仮想マシンには、セキュリティ タグが割り当てられていません。
  8. 変更の追加を完了した後、[保持] をクリックします。

結果

セキュリティ タグが、選択した仮想マシンに割り当てられます。

次のタスク

セキュリティ タグは、セキュリティ グループを操作するように設計されています。セキュリティ グループの作成の詳細については、セキュリティ グループの作成を参照してください。