NSX Data Center for vSphere Edge Gateway は、経路指定された組織仮想データセンター ネットワークに対し、外部ネットワークへの接続を提供し、ロード バランシング、ネットワーク アドレス変換、ファイアウォールなどのサービスを提供できます。vCloud Director は、IPv4 および IPv6 の Edge ゲートウェイをサポートします。

vCloud Director 9.7 以降では、さまざまな vSphere リソース プールおよびストレージ ポリシーを使用して、コンピューティング ワークロードとネットワーク ワークロードが隔離されます。Edge Gateway が配置される Edge クラスタは、以前は作成が必須でした。Edge クラスタの操作を参照してください。

これらの Edge Gateway を再デプロイすることで、レガシーの Edge Gateway を対応する Edge クラスタに移行できます。Edge Gateway の再デプロイを参照してください。

重要:

バージョン 9.7 以降では、vCloud Director でサポートされるのは詳細 Edge Gateway のみです。詳細以外のレガシー Edge Gateway を詳細 Edge Gateway に変換する必要があります。https://kb.vmware.com/kb/66767を参照してください。