Edge Gateway に送受信されるトラフィックを保護するには、その Edge Gateway にファイアウォール ルールを作成して、管理します。

組織仮想データセンター内の仮想マシン間で移動するトラフィックの保護方法については、組織仮想データセンターの分散ファイアウォールの管理を参照してください。

分散ファイアウォールの画面で作成され、[適用対象] 列で詳細 Edge ゲートウェイが指定されているルールは、その詳細 Edge ゲートウェイの [ファイアウォール] 画面に表示されません。

Edge Gateway の Edge Gateway ファイアウォール ルールは、[ファイアウォール] 画面に表示され、次の順序で適用されます。

  1. 内部ルール。自動配管ルールとも呼ばれます。これらの内部ルールにより、トラフィックが Edge ゲートウェイ サービスに流れるように制御できます。
  2. ユーザー定義ルール。
  3. デフォルト ルール。

デフォルト ルールの設定は、どのユーザー定義ファイアウォール ルールにも一致しないトラフィックに適用されます。デフォルト ルールは、[ファイアウォール] 画面の最下部に表示されます。

テナント ポータルで、Edge Gateway の [ファイアウォール ルール] 画面の [有効化] 切り替えを使用して、Edge Gateway ファイアウォールを無効または有効にします。