vCloud Director に登録されている vRealize Orchestrator インスタンスのワークフロー ライブラリから、サービスをインポートできます。

前提条件

手順

  1. メイン メニュー (メニュー) から、[コンテンツ ライブラリ] を選択します。
    1. 左側のパネルで [サービス ライブラリ] を選択します。
    使用可能なサービスがカード ビューで表示されます。カード ビューにはページあたり 12 個の項目が表示され、名前を基準としてアルファベット順にソートされます。各カードは項目が vRealize Orchestrator ワークフローであることを示していて、このワークフローがインポートされるサービスの名前およびサービス カテゴリに対応するタグが表示されます。
  2. 新しいサービスをインポートするには、[インポート] ボタンをクリックします。
  3. [インポート] ウィザードの手順に沿って処理を進めます。
    オプション 説明
    ターゲット ライブラリにインポート サービスをインポートするサービス カテゴリを選択します。
    ソースを選択 ワークフローのインポート元の vRealize Orchestrator インスタンスを選択します。
    ワークフローを選択 階層ツリー ビューを展開して、インポートする 1 つまたは複数のワークフローを選択します。
    確認 詳細を確認し、[完了] をクリックしてインポートを完了します。
    インポートされたワークフローが、 [サービス ライブラリ] カード ビューに表示されます。