ユーザー定義のセキュリティ タグを編集できます。

仮想マシンの環境または機能を変更した場合は、別のセキュリティ タグを使用して、新しいマシン構成に対してファイアウォール ルールが適切となるようにすることもできます。たとえば、仮想マシンがある状態で、これ以上機密データを保存しない場合は、別のセキュリティ タグを割り当てて、機密データに適用されるファイアウォール ルールが仮想マシンに対して実行されないようにすることができます。

手順

  1. メイン メニュー (メニュー) から、[クラウド リソース] を選択します。
  2. 左側のパネルで [組織 VDC] をクリックします。
  3. ターゲット組織仮想データセンターの横にあるラジオ ボタンをクリックして、[ファイアウォールの管理] をクリックします。
  4. [セキュリティ タグ] タブをクリックします。
  5. セキュリティ タグのリストで、編集するセキュリティ タグを選択します。
  6. [編集]編集ボタン)ボタンをクリックします。
  7. セキュリティ タグの名前と説明を編集します。
  8. 選択した仮想マシンにタグを割り当てるか、割り当てを削除します。
  9. 変更内容を保存するには、[保持] をクリックします。

次のタスク

セキュリティ タグを編集すると、関連するセキュリティ グループまたはファイアウォール ルールの編集も必要になる場合があります。セキュリティ グループの詳細については、セキュリティ グループの操作を参照してください