vCloud Director 環境の Edge Gateway では、L2 VPN がサポートされます。L2 VPN により、地理的境界を越えて同じ IP アドレスを保持しながら仮想マシンを常にネットワークに接続できるようになるため、組織仮想データセンターの拡張が可能になります。L2 VPN サービスを Edge Gateway に設定できます。

NSX Data Center for vSphere は、Edge Gateway の L2 VPN 機能を提供します。L2 VPN により、2 つのサイト間のトンネルを設定できます。これらのサイト間で移動した場合も、仮想マシンは同じサブネット上にとどまるため、L2 VPN を使用してネットワークを拡張することにより、組織仮想データセンターを拡張することができます。一方のサイトの Edge Gateway から、他方のサイトの仮想マシンにすべてのサービスを提供できます。

L2 VPN トンネルを作成するには、L2 VPN サーバおよび L2 VPN クライアントを設定します。『NSX 管理ガイド』に記載されているように、L2 VPN サーバがターゲット Edge Gateway に、L2 VPN クライアントがソース Edge Gateway になります。各 Edge Gateway で L2 VPN を設定した後に、サーバとクライアントの両方で L2 VPN サービスを有効にする必要があります。

注: サブインターフェイスとして作成された経路指定済みの組織仮想データセンター ネットワークは、Edge Gateway 上になければなりません。