MAC セットは、組織仮想データセンター レベルで作成できる MAC アドレスのグループです。ファイアウォール ルールの送信元または宛先として MAC セットを使用できます。

MAC アドレス セットは、vCloud Director テナント ポータルの [オブジェクトのグループ分け] 画面を使用して作成します。[オブジェクトのグループ分け] 画面は、[サービス] 画面と [Edge ゲートウェイ] 画面の両方にあります。

手順

  1. [オブジェクトのグループ分け] ページを開きます。
    オプション アクション
    Edge Gateway サービスから開く
    1. [ネットワーク] > [エッジ] の順に選択します。
    2. 編集する Edge ゲートウェイを選択し、[サービスの構成] をクリックします。
    3. [オブジェクトのグループ分け] をクリックします。
    セキュリティ サービスから開く
    1. [ネットワーク] > [セキュリティ] の順に選択します。
    2. 編集するセキュリティ サービスを選択し、[サービスの構成] をクリックします。
    3. [オブジェクトのグループ分け] をクリックします。
  2. [MAC アドレス セット] タブをクリックします。
    定義済みの MAC アドレス セットが画面に表示されます。
  3. MAC アドレス セットを追加するには、[作成]作成ボタン)ボタンをクリックします。
  4. セット名を入力し、オプションで説明、および MAC アドレス セットに含める MAC アドレスを入力します。
  5. (オプション) [サービス] 画面の [オブジェクトのグループ分け] ページを使用して MAC アドレス セットを指定する場合は、[継承] 切り替えを使用して継承を有効にし、基盤となるスコープでの表示を許可します。
    継承はデフォルトでは有効です。
  6. MAC アドレス セットを保存するには、[保持] をクリックします。

結果

これで、新しい MAC アドレス セットをファイアウォール ルールでソースまたはターゲットとして選択できます。