vCloud Director でカスタム エンティティ定義としてすでに定義されているオブジェクト タイプを入力パラメータとして指定して、vRealize Orchestrator ワークフローを実行すると、出力パラメータにカスタム エンティティのインスタンスが表示されます。

前提条件

この操作を行うには、事前定義されたユーザー ロールにカスタム エンティティに関する権限を含める必要があります。

手順

  1. メイン メニュー () で [ライブラリ] を選択し、[サービス][カスタム エンティティ定義] を選択します。
    カスタム エンティティのリストがカード ビューで表示されます。カード ビューにはページあたり 12 個の項目が、名前を基準としてアルファベット順に表示されます。各カードには、カスタム エンティティの名前、エンティティがマッピングされている vRealize Orchestrator タイプ、エンティティのタイプ、および説明が表示されます(これらの情報を入手できる場合)。
  2. 選択したカスタム エンティティのカードで、[インスタンス] をクリックします。
    使用可能なインスタンスがグリッド ビューで表示されます。
  3. 各エンティティの左側にあるリスト バー (コンテキスト メニュー) をクリックして、関連付けられたワークフローを表示します。
    ワークフローをクリックすると、入力パラメータとしてエンティティのインスタンスを使用するワークフローが実行されます。