vApp の仮想マシンに DHCP サービスを提供するために、特定の vApp ネットワークを構成できます。

vApp ネットワークに対して DHCP を有効にし、vApp の仮想マシンの NIC をネットワークに接続し、NIC の IP モードとして DHCP を選択します。vCloud Director は、仮想マシンをパワーオンしたときに、DHCP IP アドレスをその仮想マシンに割り当てます。

前提条件

経路指定されている vApp ネットワークまたは隔離されている vApp ネットワーク。

手順

  1. [仮想データセンター] ダッシュボード画面で、確認する仮想データセンターのカードをクリックし、左側のパネルから [vApp] を選択します。
  2. カード アイコン をクリックしてカード ビュー内の vApps を表示します。
  3. 選択した仮想アプライアンスのカードで、[詳細] をクリックします。
  4. [ネットワーク] タブで、ネットワークの詳細を表示するネットワークをクリックします。
  5. [IP アドレス管理] タブで、[DHCP] をクリックします。
    DHCP の状態が表示されます。
  6. [[編集]]をクリックします。
  7. [有効] をクリックします。
  8. [IP プール] テキスト ボックスで、IP アドレスの範囲を入力します。
    vCloud Director は、これらのアドレスを使用して DHCP 要求に対応します。DHCP IP アドレスの範囲は、vApp ネットワークの固定 IP プールと重複できません。
  9. デフォルトの最大リース時間を秒単位で設定します。
  10. [保存] をクリックします。