Edge Gateway の VPN 関連の機能で使用するために、Edge Gateway に自己署名サービス証明書を構成できます。また、自己署名証明書を作成、インストール、および管理できます。

サービス証明書が [証明書] 画面で使用可能な場合は、Edge Gateway の VPN 関連の設定を行うときにそのサービスの証明書を指定できます。VPN は、その VPN にアクセスするクライアントに指定されたサービス証明書を提示します。

前提条件

1 つ以上の CSR が Edge Gateway の [証明書] 画面で使用可能になっていること。Edge Gateway の証明書署名リクエストの生成を参照してください。

手順

  1. Edge Gateway サービスを開きます。
    1. [ネットワーク] > [エッジ] の順に選択します。
    2. 編集する Edge Gateway を選択し、[サービス] をクリックします。
  2. [証明書] タブをクリックします。
  3. この自己署名証明書に使用する CSR をリストから選択し、[CSR を自己署名] をクリックします。
  4. 自己署名証明書の有効日数を入力します。
  5. [保持] をクリックします。
    システムが自己署名証明書を生成し、[サービス証明書] タイプの新しいエントリを画面上のリストに追加します。

結果

自己署名証明書は、Edge Gateway で使用可能です。画面上のリストで [サービス証明書] タイプのエントリを選択すると、その詳細が画面に表示されます。