ネットワークを vApp に追加すると、vApp の仮想マシンに対してそのネットワークを使用可能にすることができます。vApp には、vApp ネットワークまたは組織仮想データセンター ネットワークを追加できます。

接続は、直接の場合もあれば、フェンスありの場合もあります。フェンスによって、異なる vApp にある同一の仮想マシンの MAC アドレスおよび IP アドレスを分離し、競合を起こさずにそれらの仮想マシンをパワーオンできます。

フェンスが有効になっていて vApp の電源が入っていると、組織仮想データセンターのネットワーク プールから隔離されたネットワークが作成されます。Edge Gateway が作成され、隔離されたネットワークおよび組織仮想データセンター ネットワークに関連付けられます。仮想マシンとの間で送受信されるトラフィックは Edge Gateway を通過し、ここで NAT およびプロキシ AR を使用して IP アドレスが変換されます。これにより、ルーターは同じ IP アドレス空間を使用して 2 つのネットワーク間のトラフィックを通過させることができます。

前提条件

組織仮想データセンター ネットワークを追加するには、管理者がそのようなネットワークを作成している必要があります。

手順

  1. [仮想データセンター] ダッシュボード画面で、確認する仮想データセンターのカードをクリックし、左側のパネルから [vApp] を選択します。
  2. カード アイコン をクリックしてカード ビュー内の vApps を表示します。
  3. 選択した vApp のカードで [アクション] をクリックし、[ネットワークを追加] を選択します。
  4. 追加するネットワークのタイプを選択します。
    オプション アクション
    組織 VDC ネットワーク 使用可能なネットワークのリストから組織仮想データセンター ネットワークを選択します。
    vApp ネットワーク
    1. ネットワークの名前と、必要に応じて説明を入力します。
    2. ネットワークのゲートウェイ CIDR を入力します。
    3. (オプション)プライマリおよびセカンダリ DNS、および DNS サフィックスを入力します。
    4. (オプション)ゲスト VLAN を許可するかどうかを選択します。
    5. (オプション)IP アドレス範囲などの固定 IP アドレス プール設定を入力します。
    6. (オプション)組織仮想データセンター ネットワークに接続できるようにするには、[組織 VDC ネットワークに接続] オプションを有効にして、リストからネットワークを選択します。
  5. [追加] をクリックします。

結果

ネットワークが vApp に追加されます。

次のタスク

vApp の仮想マシンをネットワークに接続します。