vApp に仮想マシンを追加できます。

前提条件

公開カタログの仮想マシンにアクセスするためには、組織管理者または vApp 作成者である必要があります。

手順

  1. [仮想データセンター] ダッシュボード画面で、確認する仮想データセンターのカードをクリックし、左側のパネルから [vApp] を選択します。
  2. カード アイコン をクリックしてカード ビュー内の vApps を表示します。
  3. 仮想マシンを追加する vApp の [アクション] メニューから、[仮想マシンを追加] を選択します。
    [仮想マシンを追加] ウィンドウで、vApp に関連付けられている仮想マシンのリストが表示されます。
  4. 新しい仮想マシンを作成して vApp に自動的に関連付けるには、[仮想マシンを追加] をクリックします。
  5. 仮想マシンの名前とコンピュータ名を入力します。
    重要: コンピュータ名には、英数字とハイフンのみを含めることができます。コンピュータ名は、数字のみで設定したり、スペースを含めたりすることはできません。
  6. (オプション) わかりやすい説明を入力します。
  7. 仮想マシンを作成直後にパワーオンするかどうかを選択します。
  8. 仮想マシンを展開する方法を選択します。
    オプション アクション
    新規 カスタマイズ可能な設定で新しい仮想マシンを展開します。
    1. オペレーティング システム ファミリとオペレーティング システムを選択します。
    2. (オプション)ブート イメージを選択します。
    3. コンピューティング ポリシーを選択します。
    4. 仮想マシンのサイズを選択するか、または [カスタム サイズ変更オプション] をクリックして、コンピューティング、メモリ、およびストレージの設定を手動で入力します。

      事前定義済みのサイズ変更オプションには、小、中、大があります。

    5. ストレージ ポリシーや GB 単位のサイズなど、仮想マシンのストレージ設定を指定します。
    6. ネットワーク、IP モード、IP アドレス、プライマリ NIC など、仮想マシンのネットワーク設定を指定します。
    テンプレートから テンプレート カタログで選択したテンプレートから仮想マシンを展開します。
    1. カタログから仮想マシン テンプレートを選択します。
    2. (オプション)カスタム ストレージ ポリシーを使用するように選択し、[使用するカスタム ストレージ ポリシー] からポリシーを選択します。
    3. 使用可能なエンド ユーザー使用許諾契約書がある場合は、これを確認し、承諾する必要があります。
  9. [OK] をクリックして、仮想マシンを作成します。
  10. [追加] をクリックして、仮想マシンを vApp に追加します。