固定ルートは、同じ組織仮想データセンター ネットワークにルーティングされている 2 つの vApp ネットワーク間に追加できます。固定ルートにより、ネットワーク間のトラフィックが許可されます。

固定ルートは、フェンスされた vApp や重複しているネットワーク間に追加することはできません。固定ルートを vApp ネットワークに追加したら、固定ルートでトラフィックが許可されるようにネットワーク ファイアウォール ルールを構成します。固定ルートを持つ vApp に対しては、この vApp または関連付けられているネットワークが削除されるまで割り当てられた IP アドレスを使用するように構成します。

固定ルートは、これらのルートを含む vApp が実行されている場合にのみ機能します。vApp の親ネットワークの変更、vApp の削除、または vApp ネットワークの削除を実行し、その vApp に固定ルートが含まれている場合、これらのルートは機能することができず、手動で削除しなければなりません。

前提条件

  • 2 つの vApp ネットワークは、同じ組織仮想データセンター ネットワークにルーティングされています。
  • vApp ネットワークは、少なくとも 1 回は開始された vApp にあります。
  • 固定ルーティングは、両方の vApp ネットワークで有効化されています。

手順

  1. [仮想データセンター] ダッシュボード画面で、確認する仮想データセンターのカードをクリックし、左側のパネルから [vApp] を選択します。
  2. カード アイコン をクリックしてカード ビュー内の vApps を表示します。
  3. 選択した仮想アプライアンスのカードで、[詳細] をクリックします。
  4. [ネットワーク] タブで、ネットワークの詳細を表示するネットワークをクリックします。
  5. [ルーティング] タブの [固定ルーティング] で [追加] をクリックします。
    割り当てられた IP アドレスが表示されます。
  6. 固定ルートの名前を入力します。
  7. ネットワーク アドレスを CIDR 形式で入力します。
    ネットワーク アドレスは、固定ルートを追加する対象の vApp ネットワークに対するものです。
  8. ネクスト ホップ IP アドレスを入力します。
    次ホップ IP アドレスは、その vApp ネットワークのルーターの外部 IP アドレスです。
  9. [保存] をクリックします。
  10. 2 つ目の vApp ネットワークに対しても同じ手順を繰り返します。

例: 固定ルーティング例

vApp Network 1 および vApp Network 2 は両方とも、Org Network Shared に経路指定されています。各 vApp ネットワークで固定ルートを作成し、ネットワーク間のトラフィックを可能にします。固定ルートを作成するには、vApp ネットワークに関する情報を使用できます。

表 1. ネットワーク情報
ネットワーク名 ネットワーク仕様 ルーターの外部 IP アドレス
vApp Network 1 192.168.1.0/24 192.168.0.100
vApp Network 2 192.168.2.0/24 192.168.0.101
Org Network Shared 192.168.0.0/24 該当なし

vApp Network 1 で、vApp Network 2 への固定ルートを作成します。vApp Network 2 で、vApp Network 1 への固定ルートを作成します。

表 2. 固定ルーティング設定
vApp ネットワーク ルート名 ネットワーク 次ホップ IP アドレス
vApp Network 1 tovapp2 192.168.2.0/24 192.168.0.101
vApp Network 2 tovapp1 192.168.1.0/24 192.168.0.100