組織仮想データセンターで分散ファイアウォール機能に対してテナント ポータルを使用するには、あらかじめこの組織仮想データセンターの分散ファイアウォールを有効にする必要があります。組織仮想データセンターで分散ファイアウォールを有効にすることができるのは、ORG_VDC_DISTRIBUTED_FIREWALL_ENABLE 権限を与えられている vCloud Directorシステム管理者またはユーザーです。

テナント ポータルの [分散ファイアウォール] 画面を使用して、組織仮想データセンターの分散ファイアウォールを有効にします。

前提条件

組織仮想データセンターが属している組織に、次の権限が割り当てられていることを確認します。

  • 組織 VDC 分散ファイアウォール:有効化/無効化
  • 組織 VDC 分散ファイアウォール:ルールの構成
  • 組織 VDC 分散ファイアウォール:ルールの表示

vCloud Directorシステム管理者は、組織に権限を割り当てます。組織 vDC 分散ファイアウォール:有効化/無効化権限は、テナント ポータルのユーザー インターフェイスを使用して分散ファイアウォールを有効にするために必要です。組織 VDC 分散ファイアウォール:ルールの表示権限はテナント ポータルでルールを表示するために、また、組織 VDC 分散ファイアウォールのルールの構成権限はテナント ポータルを使用してファイアウォール ルールを構成するために必要です。

自身に割り当てられているロールに、組織 VDC 分散ファイアウォール:有効化/無効化権限が付与されていることを確認します。vCloud Directorシステムで事前定義されているロールのうちシステム管理者ロールだけが、デフォルトでこの権限を持っています。

手順

  1. [仮想データセンター] ダッシュボード画面で、確認する仮想データセンターのカードをクリックし、[ネットワーク][セキュリティ] を選択します。
  2. 分散ファイアウォール ルールを設定する組織仮想データセンターを選択します。
  3. [サービスの構成] をクリックします。
  4. [分散ファイアウォール] タブで分散ファイアウォールを有効にします。

次のタスク

デフォルトの分散ファイアウォール ルールについては、テナント ポータルを使用した分散ファイアウォール ルールの管理を参照してください。