ブロック タスク、通知、または Container Service Extension (CSE)VMware Cloud Director App LaunchpadvRealize Operations Tenant App などの VMware Cloud Director API 拡張機能を使用する場合は、RabbitMQ AMQP ブローカをインストールして構成する必要があります。

AMQP (Advanced Message Queuing Protocol) は、エンタープライズ システムでの柔軟なメッセージングをサポートするメッセージ キューイングのオープン標準です。VMware Cloud Director は RabbitMQ AMQP ブローカを使用して、拡張サービス、オブジェクト拡張、および通知に使用されるメッセージ バスを提供します。

Linux 環境での VMware Cloud Director では、通知を構成する際に、RabbitMQ AMQP ブローカの代わりに MQTT クライアントを使用できます。MQTT クライアントを使用したイベントおよびタスクのサブスクライブを参照してください。

手順

  1. https://www.rabbitmq.com/download.html から RabbitMQ Server をダウンロードします。
    サポートされている RabbitMQ リリースのリストについては、『 VMware Cloud Director リリース ノート』を参照してください。
  2. RabbitMQ インストールの手順に基づいて、RabbitMQ をサポートされるホストにインストールします。
    RabbitMQ サーバー ホストは、それぞれの VMware Cloud Director セルによりネットワーク上で到達可能でなければなりません。
  3. RabbitMQ インストール中に、この RabbitMQ インストールと連携するように VMware Cloud Director を構成するときに必要となる値を書き留めておきます。
    • RabbitMQ サーバ ホストの完全修飾ドメイン名(例:amqp.example.com)。
    • RabbitMQ を認証するために有効なユーザー名とパスワード。
    • ブローカーがメッセージをリスンするポート。非 SSL では、デフォルトは 5672 です。SSL/TLS のデフォルト ポートは 5671 です。
    • 通信プロトコルは TCP です。
    • RabbitMQ 仮想ホスト。デフォルトは、「/」です。

次のタスク

デフォルトでは、VMware Cloud Director AMQP サービスは暗号化されていないメッセージを送信します。SSL を使用してこれらのメッセージを暗号化するように AMQP サービスを構成できます。VMware Cloud Director セルで Java ランタイム環境のデフォルトの JCEKS トラスト ストアを使用して、ブローカ証明書(通常は $VCLOUD_HOME/jre/lib/security/cacerts)を検証するようにサービスを構成することもできます。

VMware Cloud Director AMQP サービスで SSL を有効にするには、『VMware Cloud Director Service Provider Admin Portal Guide』のAMQP ブローカの構成の情報を参照してください。