VMware Cloud Director サーバ グループは、Linux または VMware Cloud Director アプライアンスのデプロイにインストールされている 1 台以上の VMware Cloud Director サーバで構成されます。グループの各サーバーは VMware Cloud Director セルと呼ばれる一連のサービスを実行します。すべてのセルは、1 つの VMware Cloud Director データベースおよび転送サーバ ストレージを共有し、vSphere およびネットワーク リソースに接続します。

重要: Linux 上の VMware Cloud Director インストールおよび VMware Cloud Director アプライアンス環境を 1 つのサーバ グループ内で混在させることはできません。

VMware Cloud Director の高可用性を確保するには、1 つのサーバ グループに複数の VMware Cloud Director セルをインストールする必要があります。サードパーティのロード バランサを使用する場合は、ダウンタイムなしの自動フェイルオーバーを確保できます。

VMware Cloud Director インストールは、複数の VMware vCenter Server® システム、およびそれらのシステムによって管理される VMware ESXi™ ホストに接続できます。ネットワーク サービスに関しては、VMware Cloud DirectorvCenter Server に関連付けられた NSX Data Center for vSphere を使用できます。または、VMware Cloud DirectorNSX-T Data Center を登録できます。NSX Data Center for vSphereNSX-T Data Center の混在もサポートされます。

図 1. VMware Cloud Director Linux インストールのアーキテクチャ図
クラスタには 4 台の VMware Cloud Director サーバが含まれ、それぞれのサーバが VMware Cloud Director セルを実行します。クラスタは vSphere と VMware Cloud Director データベースに接続しています。
図 2. VMware Cloud Director アプライアンスのアーキテクチャ図

Linux にインストールされた VMware Cloud Director サーバ グループは、外部データベースを使用します。

アプライアンス環境で構成される VMware Cloud Director サーバ グループでは、サーバ グループの最初のメンバーの組み込みデータベースが使用されます。アプライアンスの 2 つのインスタンスを同じサーバ グループ内のスタンバイ セルとしてデプロイすることにより、VMware Cloud Director データベースに高可用性を構成することができます。アプライアンス環境とデータベースの高可用性構成を参照してください。

図 3. 組み込みデータベースの高可用性クラスタで構成された VMware Cloud Director アプライアンス

VMware Cloud Director のインストールと設定のプロセスでは、セルが作成され、それらのセルが共有データベースおよび転送サーバ ストレージに接続され、システム管理者アカウントが作成されます。その後、システム管理者vCenter Server システム、ESXi ホスト、および NSX Manager または NSX-T Manager インスタンスへの接続を確立します。

vSphere およびネットワーク リソースの追加の詳細については、『VMware Cloud Director Service Provider Admin Portal Guide』を参照してください。