VMware Cloud Director および NSX Manager のアップグレードが終わったら、VMware Cloud Director に登録されている vCenter Server システムおよび ESXi ホストをアップグレードする必要があります。接続されているすべての vCenter Server システムおよび ESXi ホストのアップグレードが終わると、NSX Edge をアップグレードすることができます。

前提条件

クラウドに接続済みの vCenter Server システムに関連付けられた各 NSX Manager がすでにアップグレードされていることを確認します。接続済み vCenter Server システムに関連付けられた各 NSX Manager のアップグレードを参照してください。

手順

  1. vCenter Server インスタンスを無効にします。
    1. VMware Cloud Director Service Provider Admin Portal の上部ナビゲーション バーで、[リソース] の下にある [vSphere リソース] を選択します。
    2. 左側のパネルで [vCenter Server インスタンス] をクリックします。
    3. 無効にする vCenter Server インスタンスの横にあるラジオ ボタンを選択して、[無効化] をクリックします。
    4. [OK] をクリックします。
  2. vCenter Server システムをアップグレードします。
    詳細については、 vCenter Server のアップグレードに関する説明を参照してください。
  3. すべての VMware Cloud Director パブリック URL および証明書チェーンを確認します。
    1. 上部ナビゲーション バーで [管理] を選択します。
    2. 左側のパネルの [設定] で、[公開アドレス] をクリックします。
    3. すべてのパブリック アドレスを確認します。
  4. vCenter Server の登録を VMware Cloud Director で更新します。
    1. VMware Cloud Director Service Provider Admin Portal の上部ナビゲーション バーで、[リソース] の下にある [vSphere リソース] を選択します。
    2. 左側のパネルで [vCenter Server インスタンス] をクリックします。
    3. ターゲット vCenter Server の横にあるラジオ ボタンを選択し、[再接続] をクリックします。
    4. [OK] をクリックします。
  5. アップグレードされた vCenter Server システムがサポートする各 ESXi ホストをアップグレードします。
    VMware ESXi のアップグレード』を参照してください。
    重要: アップグレードされたホストに、クラウドの仮想マシンをサポートするための十分な容量を確保するために、小さなバッチに分けてホストをアップグレードしてください。これを行うとき、ホスト エージェントのアップグレードは、仮想マシンがアップグレードされたホストに移行して戻せるように、時間内に完了することができます。
    1. vCenter Server システムを使用して、ホストをメンテナンス モードにし、このホストのすべての仮想マシンを別のホストに移行できるようにします。
    2. ホストをアップグレードします。
    3. vCenter Server システムを使用してホストを再接続します。
    4. vCenter Server システムを使用してホストのメンテナンス モードを終了します。
  6. (オプション) アップグレード後の vCenter Server システムに関連付けられている NSX Manager が管理する NSX Edge をアップグレードします。
    アップグレードされた NSX Edge では、パフォーマンスや連携が向上しています。 NSX Manager または VMware Cloud Director を使用して NSX Edge をアップグレードできます。
    • NSX Manager を使用して NSX Edge をアップグレードする方法については、NSX for vSphere のドキュメント (https://docs.vmware.com) を参照してください。
    • VMware Cloud Director を使用して NSX Edge Gateway をアップグレードする場合は、その Edge によってサポートされている VMware Cloud Director ネットワーク オブジェクトを対象に操作する必要があります。
      • VMware Cloud Director または VMware Cloud Director API のいずれかを使用して Edge Gateway サーバによって提供されるネットワークをリセットすると、Edge Gateway の適切なアップグレードが自動的に実行されます。
      • Edge ゲートウェイを再デプロイすると、関連付けられた NSX Edge アプライアンスがアップグレードされます。
        注: 再デプロイがサポートされるのは、 NSX Data Center for vSphere Edge Gateway のみです。
      • vApp アップグレードのコンテキスト内から vApp ネットワークをリセットすると、そのネットワークに関連付けられた NSX Edge アプライアンスがアップグレードされます。vApp のコンテキスト内から vApp ネットワークをリセットするには、vApp の [ネットワーク] タブに移動して、そのネットワークの詳細を表示し、vApp ネットワークの名前の横にあるラジオ ボタンをクリックして、[リセット] をクリックします。
      Edge Gateway を再デプロイする方法および vApp ネットワークをリセットする方法の詳細については、『VMware Cloud Director API プログラミング ガイド』を参照してください。

次のタスク

この手順を、VMware Cloud Director インストール環境に登録された他の vCenter Server システムについて繰り返します。