VMware Cloud Director を新しいバージョンにアップグレードするには、サーバ グループ内のすべてのセルで VMware Cloud Director サービスをシャットダウンし、各サーバに新しいバージョンをインストールし、VMware Cloud Director データベースをアップグレードしてから、VMware Cloud Director セルを再起動します。

既存の VMware Cloud Director サーバ グループが Linux の VMware Cloud Director インストール環境から構成される場合は、Linux 用の VMware Cloud Director インストーラを使用して環境をアップグレードできます。

Linux に VMware Cloud Director がインストールされている場合は、組織的なアップグレードを実行するか、手動で VMware Cloud Director をアップグレードすることができます。VMware Cloud Director インストールの組織的なアップグレードの実行またはVMware Cloud Director インストールの手動アップグレードを参照してください。組織的なアップグレードでは、サーバ グループ内のすべてのセルとデータベースをアップグレードする 1 つのコマンドを実行します。手動のアップグレードでは、各セルとデータベースを順番にアップグレードします。

VMware Cloud Director 9.5 以降:
  • Oracle データベースはサポートされません。既存の VMware Cloud Director インストールで Oracle データベースが使用されている場合は、のアップグレードおよび移行パステーブルを参照してください。
  • ESXi ホストの有効/無効を切り替えることはできません。アップグレードを開始する前に、ESXi のすべてのホストを有効にする必要があります。vSphere Client を使用して、ESXi ホストをメンテナンスモードにすることができます。
  • VMware Cloud Director は、Java および強化された LDAP サポートを使用します。LDAP ログインの失敗を回避するために LDAPS サーバを使用している場合は、適切に構築された証明書があることを確認する必要があります。詳細については、https://www.java.comの「Java 8 Release Changes」を参照してください。

VMware Cloud Director 10.0 以降では、Microsoft SQL Server データベースはサポートされません。

VMware Cloud Director をアップグレードする場合は、新しいバージョンと、既存インストールの以下のコンポーネントとの間に互換性が必要です。
  • VMware Cloud Director データベース用に現在使用しているデータベース ソフトウェア。詳細については、「アップグレードと移行のパス」テーブルを参照してください。
  • 現在使用している VMware vSphere ® リリース。
  • 現在使用している VMware NSX® リリース。
  • VMware Cloud Director と直接通信するサードパーティ製コンポーネント。

VMware Cloud Director と他の VMware 製品およびサード パーティ製データベースとの互換性については、http://partnerweb.vmware.com/comp_guide/sim/interop_matrix.phpにある VMware 製品の相互運用性マトリックスを参照してください。VMware Cloud Director アップグレードの一環として vSphere または NSX コンポーネントをアップグレードする場合は、VMware Cloud Director をアップグレードした後にこれらをアップグレードする必要があります。VMware Cloud Director のアップグレード後を参照してください。

1 台以上の VMware Cloud Director サーバをアップグレードしてから、VMware Cloud Director データベースをアップグレードできます。データベースには、サーバーで実行されているすべての VMware Cloud Director タスクの状態を含む、サーバーのランタイム状態に関する情報が保存されます。アップグレード後に無効なタスク情報がデータベース内に残らないようにするため、アップグレードを開始する前に、どのサーバにもアクティブなタスクがないことを確認する必要があります。

アップグレードでは、VMware Cloud Director データベースに格納されない次のアーティファクトが保持されます。

  • ローカルおよびグローバルのプロパティ ファイルは新しいインストール環境にコピーされます。
  • ゲスト カスタマイズに使用する Microsoft Sysprep ファイルは、新しいインストール環境にコピーされます。

アップグレードを行うには、サーバ グループとデータベース内のすべてのサーバをアップグレードするのに必要な VMware Cloud Director のダウンタイムを確保する必要があります。ロード バランサーを使用している場合は、システムがアップグレードのためオフラインになっています (The system is offline for upgrade) のようなメッセージを返すように設定できます。

バージョン 10.1 以降では、サービス プロバイダとテナントは VMware Cloud Director API を使用してリモート サーバへの接続をテストし、サーバ ID を SSL ハンドシェイクの一部として検証できます。VMware Cloud Director ネットワーク接続を保護するために、VMware Cloud Director API を使用して接続テストを行っているテナントからは到達できない内部ホストの拒否リストを構成します。VMware Cloud Director のインストールまたはアップグレードの後、テナントに VMware Cloud Director へのアクセスを許可する前に、拒否リストを構成します。テスト接続拒否リストの構成を参照してください。

重要: バージョン 10.1 以降にアップグレードすると、 VMware Cloud Director は常に、自身に接続されているすべてのインフラストラクチャ エンドポイントの証明書を検証します。これは、 VMware Cloud Director での SSL 証明書の管理方法が変更されたためです。アップグレード前に証明書を VMware Cloud Director にインポートしていない場合は、 vCenter ServerNSX の接続が、SSL 検証の問題が原因の接続エラーで失敗したと表示されることがあります。この場合、アップグレード後に、次の 2 つの方法のいずれかを実行できます。
  1. セル管理ツールで trust-infra-certs コマンドを実行して、すべての証明書を中央の証明書ストアに自動的にインポートします。vSphere リソースからのエンドポイント証明書のインポートを参照してください。
  2. Service Provider Admin Portal ユーザー インターフェイスで、各 vCenter Server および NSX インスタンスを選択し、証明書を承認する際に資格情報を再入力します。

アップグレードのパスとワークフロー

アップグレード元の環境 ターゲット環境
外部 PostgreSQL データベースを使用する Linux 上の VMware Cloud Director 10.2
外部 Oracle データベースを使用する VMware Cloud Director 9.0 および 9.1
  1. Linux 上の VMware Cloud Director 9.0 の場合は、VMware Cloud Director をバージョン 9.1 にアップグレードします。vCloud Director のアップグレードを参照してください。
  2. Oracle データベースを PostgreSQL データベースに移行します。PostgreSQL データベースへの移行を参照してください。
  3. 環境を Linux 上の VMware Cloud Director 10.2 にアップグレードします。VMware Cloud Director インストールの組織的なアップグレードの実行またはVMware Cloud Director インストールの手動アップグレードを参照してください。
外部 PostgreSQL データベースを使用する VMware Cloud Director アプライアンス 9.5 サポート対象外
外部 PostgreSQL データベースを使用する Linux 上の VMware Cloud Director 9.0、9.1、9.5 環境を Linux 上の VMware Cloud Director 10.2 にアップグレードします。VMware Cloud Director インストールの組織的なアップグレードの実行またはVMware Cloud Director インストールの手動アップグレードを参照してください。
外部 Microsoft SQL Server データベースを使用する Linux 上の VMware Cloud Director 9.0、9.1、9.5
  1. 環境を Linux 上の VMware Cloud Director 9.7 にアップグレードします。vCloud Director のアップグレードを参照してください。
  2. Microsoft SQL Server データベースを PostgreSQL データベースに移行します。PostgreSQL データベースへの移行を参照してください。
  3. 環境を Linux 上の VMware Cloud Director 10.2 にアップグレードします。VMware Cloud Director インストールの組織的なアップグレードの実行またはVMware Cloud Director インストールの手動アップグレードを参照してください。
外部 Microsoft SQL Server データベースを使用する Linux 上の VMware Cloud Director 9.7
  1. Microsoft SQL Server データベースを PostgreSQL データベースに移行します。PostgreSQL データベースへの移行を参照してください。
  2. 環境を Linux 上の VMware Cloud Director 10.2 にアップグレードします。VMware Cloud Director インストールの組織的なアップグレードの実行またはVMware Cloud Director インストールの手動アップグレードを参照してください。
外部 PostgreSQL データベースを使用する Linux 上の VMware Cloud Director 9.7、10.0、または 10.1 環境を Linux 上の VMware Cloud Director 10.2 にアップグレードします。VMware Cloud Director インストールの組織的なアップグレードの実行またはVMware Cloud Director インストールの手動アップグレードを参照してください。
組み込みの PostgreSQL データベースを使用する VMware Cloud Director アプライアンス 9.7、10.0、および 10.1 サポート対象外