--private-key-path オプションを使用して VMware Cloud Director インストーラを実行することにより、サーバ グループ内のすべてのセルと、共有データベースを同時にアップグレードできます。

Linux 用の VMware Cloud Director インストーラを使用すると、サポート対象 Linux OS 上の VMware Cloud Director インストール環境で構成される VMware Cloud Director サーバ グループをアップグレードできます。VMware Cloud Director サーバ グループが VMware Cloud Director 9.5 アプライアンス環境で構成される場合、Linux 用の VMware Cloud Director インストーラを使用した既存の環境のアップグレードは、移行ワークフローの一環としてのみ可能になります。VMware Cloud Director アプライアンスのアップグレードと移行を参照してください。

VMware Cloud Director for Linux は、vmware-vcloud-director-distribution-v という形式の名前のデジタル署名された実行可能ファイルとして配布されます。v.v-nnnnnn.bin。ここで vv.v は、製品バージョン、nnnnnn はビルド番号を表します。例えば、vmware-vcloud-director-distribution-8.10.0-3698331.bin というファイル名になります。この実行可能ファイルを実行すると、VMware Cloud Director がインストールまたはアップグレードされます。

--private-key-pathオプションを指定して VMware Cloud Director インストーラを実行する場合は、--maintenance-cell など、upgrade ユーティリティの他のコマンド オプションを追加できます。データベースの upgrade ユーティリティのオプションの詳細については、データベース アップグレード ユーティリティ リファレンスを参照してください。

前提条件

  • VMware Cloud Director データベース、vSphere コンポーネント、および NSX コンポーネントが新しいバージョンの VMware Cloud Director と互換性があることを確認します。

    重要: 既存の VMware Cloud Director インストールで Oracle データベースまたは Microsoft SQL Server データベースが使用されている場合は、アップグレードする前に、PostgreSQL データベースに移行したことを確認してください。使用可能なアップグレード パスについては、 Linux での VMware Cloud Director のアップグレードを参照してください。
  • ターゲット サーバのスーパーユーザーの認証情報があることを確認します。

  • インストーラにインストール ファイルのデジタル署名を検証させる場合、ターゲット サーバに VMware パブリック キーをダウンロードし、インストールします。インストール ファイルのデジタル署名をすでに検証している場合、インストール中にそれを再び検証する必要はありません。VMware パブリック キーのダウンロードとインストールを参照してください。

  • アップグレード先の VMware Cloud Director ソフトウェアのバージョンを使用するための有効なライセンス キーがあることを確認します。
  • すべてのセルで、パスワードを要求せずにスーパー ユーザーからの SSH 接続を許可していることを確認します。検証を実行するには、次の Linux コマンドを実行します。
    sudo -u vcloud ssh -i private-key-path root@cell-ip
    この例では、ID が vcloud に設定され、cell-ip にあるセルへの SSH 接続が root として確立されますが、root パスワードの指定はありません。ローカル セルの private-key-path にあるプライベート キーがユーザー vcloud.vcloud から読み取り可能で、対応するパブリック キーが cell-ip の root ユーザーの authorized-keys ファイルにあれば、コマンドが成功します。
    注:

    VMware Cloud Director プロセスを実行する ID として使用するため、VMware Cloud Director インストーラにより、vcloud ユーザー、vcloud グループ、および vcloud.vcloud アカウントが作成されます。vcloud ユーザーにはパスワードがありません。

  • すべての ESXi ホストが有効であることを確認します。VMware Cloud Director 9.5 以降では、無効な ESXi ホストはサポートされません。
  • サーバ グループ内のすべてのサーバが共有された転送サーバ ストレージにアクセスできることを確認してください。Linux での VMware Cloud Director の転送サーバ ストレージの準備を参照してください。
  • VMware Cloud Director インストールで LDAPS サーバが使用されている場合は、アップグレード後の LDAP ログインの失敗を避けるために、Java 8 Update 181 の証明書が適切に構築されていることを確認します。詳細については、https://www.java.comの「Java 8 Release Changes」を参照してください。

手順

  1. ターゲット サーバに root としてログインします。
  2. インストール ファイルをターゲット サーバーにダウンロードします。
    メディアでソフトウェアを購入した場合は、ターゲット サーバからアクセス可能な場所にインストール ファイルをコピーします。
  3. ダウンロード ページに投稿されているものとダウンロードのチェックサムが一致することを確認します。
    MD5 と SHA1 チェックサムの値が、ダウンロード ページに投稿されます。適切なツールを使用して、ダウンロードされたインストール ファイルのチェックサムがダウンロード ページのものと一致することを確認します。次の形式の Linux コマンドは installation-file のチェックサムを表示します。
    [root@cell1 /tmp]# md5sum installation-file
    コマンドはインストール ファイルのチェックサムを返します。これは、ダウンロード ページの MD5 チェックサムと一致する必要があります。
  4. インストール ファイルが実行可能であることを確認します。
    インストール ファイルには 実行 権限が必要です。この権限を確実にインストール ファイルに設定するには、コンソール、シェル、またはターミナル ウィンドウを開き、次の Linux コマンドを実行します。 installation-file は、 VMware Cloud Director インストール ファイルへのフル パス名です。
    [root@cell1 /tmp]# chmod u+x installation-file
  5. コンソール、シェル、またはターミナル ウィンドウで、--private-key-pathオプションと、ターゲット セルのプライベート キーのパス名を指定して、インストール ファイルを実行します。
    データベース upgrade ユーティリティの他のコマンド オプションを追加することができます。
    ./installation-file --private-key-path /vcloud/.ssh/id_rsa
    
    注: パス名に埋め込まれたスペース文字を含むディレクトリからインストール ファイルを実行することはできません。

    インストーラによって VMware Cloud Director の以前のバージョンが検出され、アップグレードを確認するように求められます。

    インストーラは、VMware Cloud Director のバージョンが、インストール ファイル内のバージョン以降のものであることを検出すると、エラー メッセージを表示して終了します。

  6. y と入力し、Enter キーを押して、アップグレードすることを確認します。

結果

インストーラが以下の複数セル アップグレード ワークフローを開始します。
  1. 現在のセル ホストがすべての要件を満たしていることを確認します。
  2. VMware Cloud Director RPM パッケージを展開する。
  3. 現在のセルで VMware Cloud Director ソフトウェアをアップグレードします。
  4. VMware Cloud Director データベースをアップグレードします。
  5. 残りのそれぞれのセルで VMware Cloud Director ソフトウェアをアップグレードしてから、各セルで VMware Cloud Director サービスを再起動します。
  6. 現在のセルで VMware Cloud Director サービスを再起動します。

次のタスク

サーバ グループ内のすべてのセルで VMware Cloud Director サービスを起動します。

これで、接続済み vCenter Server システムに関連付けられた各 NSX Manager のアップグレードが可能になり、vCenter Server システム、ESXi ホスト、NSX Edge のアップグレードが可能になります。