関連する組織仮想データセンター ネットワークに接続された仮想マシンに Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP) サービスを提供するように、Edge Gateway を設定します。

NSX ドキュメントで説明するとおり、NSX Edge Gateway 機能には、IP アドレスのプール化、1 対 1 の固定 IP アドレスの割り当て、および外部 DNS サーバ構成が含まれます。静的 IP アドレス バインディングは、管理対象オブジェクト ID と、要求側のクライアント仮想マシンのインターフェイス ID に基づきます。

NSX Edge ゲートウェイの DHCP サービスの特長は次のとおりです。
  • DHCP 検出のために Edge Gateway の内部インターフェイスで待機します。
  • すべてのクライアントのデフォルト ゲートウェイ アドレスとして、Edge Gateway の内部インターフェイスの IP アドレスを使用します。
  • コンテナ ネットワークに対し、内部インターフェイスのブロードキャストとサブネット マスクの値を使用します。
次の状況では、DHCP が割り当てられた IP アドレスを持つクライアント仮想マシンで DHCP サービスを再起動する必要があります。
  • DHCP プール、デフォルト ゲートウェイ、または DNS サーバを変更または削除した場合。
  • Edge ゲートウェイ インスタンスの内部 IP アドレスを変更した場合。
注: DHCP 対応の Edge ゲートウェイ上の DNS 設定を変更すると、Edge ゲートウェイは DHCP サービスを提供しなくなります。このような状況が発生した場合は、[DHCP プール] 画面の [DHCP サービスのステータス] 切り替えを使用して、その Edge ゲートウェイの DHCP を無効にしてから再度有効にします。 DHCP IP プールの追加 を参照してください。