vSphere ID プロバイダがシステム管理者を認証できるように、VMware Cloud Director を構成して vCenter Single Sign-On の使用を有効にすることができます。

vCenter Lookup Service には vSphere インフラストラクチャに関するトポロジ情報が含まれており、vSphere コンポーネントが安全に相互接続できます。

手順

  1. 上部ナビゲーション バーで [管理] を選択します。
  2. 左側のパネルの [設定] で、[vSphere サービス] を選択します。
  3. vSphere サービスを構成します。
    • VMware Cloud DirectorvCenter Lookup Service に登録するには、[登録] をクリックします。
    • VMware Cloud DirectorvCenter Lookup Service から登録解除するには、[登録解除] をクリックします。
  4. vCenter Lookup Service の URL(たとえば、https://hostname:7444/lookupservice/sdk)を入力します。
  5. 管理者権限を持つ vCenter Single Sign-On ユーザー(たとえば、administrator@your_domain_name ユーザー)のユーザー名とパスワードを入力します。

結果

VMware Cloud DirectorvCenter Lookup Service に登録した場合、 システム管理者は、 vCenter Single Sign-On 認証情報を使用して VMware Cloud Director にログインする必要があります。