組織にリソースを割り当てるには、組織仮想データセンターを作成する必要があります。組織仮想データセンターは、プロバイダ仮想データセンターからリソースを取得します。1 つの組織が複数の組織仮想データセンターを持つことができます。

前提条件

プロバイダ仮想データセンターを作成します。『 プロバイダ仮想データセンターの作成』を参照してください。

手順

  1. 上部ナビゲーション バーで [リソース] を選択し、[クラウド リソース] をクリックします。
  2. 左側のパネルで、[組織 VDC] をクリックし、[新規] をクリックします。
  3. 新しい組織仮想データセンターの名前と、オプションで説明を入力します。
  4. (オプション) 作成時に新しい組織仮想データセンターを無効にするには、[組織 VDC を有効にします] 切り替えを有効にします。
    無効な組織仮想データセンターに vApp をデプロイすることはできません。
  5. [次へ] をクリックします。
  6. この仮想データセンターを追加する組織の名前の横にあるラジオ ボタンを選択して、[次へ] をクリックします。
  7. 組織仮想データセンターのコンピューティング リソースおよびストレージ リソースの取得元となるプロバイダ仮想データセンターの名前の横にあるラジオ ボタンを選択して、[次へ] をクリックします。
    プロバイダ仮想データセンターのリストには、サイトで有効になっているすべてのプロバイダ仮想データセンターと、使用可能なリソースに関する情報が表示されます。ネットワーク リストには、選択したプロバイダ仮想データセンターで使用できるネットワークの情報が表示されます。
  8. この組織仮想データセンターの割り当てモデルを選択して、[次へ] をクリックします。
    オプション 説明
    割り当てプール プロバイダ仮想データセンターから割り当てたリソースの割合が、組織仮想データセンターにコミットされます。CPU と メモリの両方に割合を指定できます。
    従量課金制 リソースは、組織仮想データセンターでユーザーが vApp を作成するときにのみコミットされます。
    予約プール 割り当てたすべてのリソースは、組織仮想データセンターに直ちにコミットされます。
    Flex VDC と各仮想マシン レベルの両方で、リソース使用量を制御できます。Flex 割り当てモデルは、組織 VDC コンピューティング ポリシーの機能をサポートします。Flex 割り当てモデルは、他の割り当てモデルで使用可能なすべての割り当て設定をサポートします。
  9. 選択した割り当てモデルの割り当て設定を行い、[次へ] をクリックします。
    オプション 説明 割り当てモデル
    [弾性] 柔軟性のあるプールの機能を有効または無効にします。柔軟性のある組織 VDC は、そのプロバイダ VDC に関連付けられているすべてのリソース プールを使用できます。 Flex
    [仮想マシン メモリのオーバーヘッドを含める] メモリのオーバーヘッドを含めるか、または除外します。 Flex
    [CPU の割り当て] この組織仮想データセンターで実行されている仮想マシンに割り当てる CPU の最大量。
    • 割り当てプール
    • 予約プール
    • Flex
    [CPU リソースを予約値を超えて拡張できるようにします] この組織仮想データセンターに無制限の CPU リソースを提供するには、この切り替えを有効にします。 予約プール
    [CPU 割り当て] この組織仮想データセンターの CPU 使用量の最大値。
    • 従量課金制
    • Flex
    [確保された CPU リソース]

    この組織仮想データセンターで実行されている仮想マシンに確保する CPU リソースの割合。100% 未満を確保することで、CPU リソースのオーバー コミットメントを制御できます。

    割り当てプールの割り当てモデルの場合、割合の確保によってこの組織仮想データセンターにコミットされる CPU の割り当ての割合も決定されます。

    • 割り当てプール
    • 従量課金制
    • Flex
    [vCPU 速度] vCPU の速度。組織仮想データセンターで実行されている仮想マシンには、vCPU あたりこの GHz 単位の速度が割り当てられます。
    • 従量課金制
    • Flex
    [メモリの割り当て] この組織仮想データセンターで実行されている仮想マシンに割り当てるメモリの最大容量。
    • 割り当てプール
    • 予約プール
    [メモリ割り当て] この組織仮想データセンターのメモリ使用量の最大値。
    • 従量課金制
    • Flex
    [確保されたメモリ リソース]

    組織仮想データセンターで実行されている仮想マシンに確保するメモリ リソースの割合。100 パーセント未満を確保すると、リソースをオーバーコミットできます。

    割り当てプールの割り当てモデルの場合、割合の確保によってこの組織仮想データセンターにコミットされるメモリの割り当ての割合も決定されます。

    • 割り当てプール
    • 従量課金制
    • Flex
    [最大仮想マシン数] 組織仮想データセンターに配置できる仮想マシンの最大数。
    • 割り当てプール
    • 従量課金制
    • 予約プール
    • Flex
  10. この組織仮想データセンターのストレージ設定を行って、[次へ] をクリックします。
    リストには、ソース プロバイダ仮想データセンターで有効なストレージ ポリシーが含まれています。
    1. この組織仮想データセンターに追加する 1 個以上のストレージ ポリシーのチェック ボックスを選択します。
    2. (オプション) 選択したストレージ ポリシーに割り当てられたストレージ容量を制限するには、[割り当てタイプ] セルのドロップダウン メニューで [制限] を選択し、[割り当て済みストレージ] セルに最大容量を入力します。
    3. (オプション) デフォルトのストレージ ポリシーを変更するには、[デフォルトのインスタンス化ポリシー] ドロップダウン メニューからターゲット デフォルト ストレージ ポリシーを選択します。
      VMware Cloud Director は、ストレージ ポリシーが仮想マシンまたは vApp テンプレートのレベルで指定されていないすべての仮想マシンのプロビジョニング操作で、デフォルトのストレージ ポリシーを使用します。
    4. (オプション) 組織仮想データセンター内の仮想マシンのシン プロビジョニングを有効にするには、[シン プロビジョニング] 切り替えをオンにします。
    5. (オプション) 組織仮想データセンター内の仮想マシンの高速プロビジョニングを無効にするには、[高速プロビジョニング] 切り替えを無効にします。
  11. この組織仮想データセンターのネットワーク プールの設定を行って、[次へ] をクリックします。
    VMware Cloud Director はネットワーク プールを使用して、vApp ネットワークおよび組織仮想データセンターの内部ネットワークを作成します。
    • この段階でネットワーク プールの追加をスキップするには、[ネットワーク プールを使用] 切り替えを無効にします。
    • ネットワーク プールを設定するには、ターゲット ネットワーク プールの名前の横にあるラジオ ボタンを選択して、この組織仮想データセンターの割り当て容量を入力します。

      割り当て容量とは、このネットワーク プールによってバッキングされる組織仮想データセンター内でプロビジョニングされるネットワークの最大数です。選択したネットワーク プールで使用可能なネットワーク数を超えることはできません。

  12. [設定内容の確認] 画面の内容を確認し、[完了] をクリックします。